2011年06月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1067
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 09:58 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の予備校

不動産鑑定士の試験は、独学で合格するのは困難とされていて、そのため、大手予備校では、対策講座を積極的に開講しています。
資格の学校で有名なTACでは、初学者や経験者におすすめの不動産鑑定士の各種コースが用意されています。
また、LEC東京リーガルマインドでは、不動産鑑定士の短答式試験、論文式試験、それぞれ別々の講座が用意されています。
そして、不動産鑑定士の各予備校のホームページを閲覧すれば、その予備校での合格体験談が掲載されているので、参考にするといいでしょう。

不動産鑑定士予備校では、その講座によって内容は様々ですが、初学者と経験者向けにコースが別々になっているところが大半です。
もっとも仕事の関係で、不動産鑑定士の勉強に2年もあてられない人も多いでしょう。
このように、不動産鑑定士予備校には様々なものがあり、それだけ、この資格の人気の高さを表しています。

不動産鑑定士予備校は、色々なコースが用意されているので、慎重に、また、無理のないコースを選ぶべきです。
社会人で働きながら不動産鑑定士予備校に通うのはなかなか難しいので、自分の状況に合わせて、無理のないコースを選択することです。
そして、この場合、不動産鑑定士予備校への通学回数も100回以上となって、週に何度か予備校に通わなければなりません。
1年で不動産鑑定士合格を目指すのか、あるいは、2年かけて合格を目指すのか、それにより、予備校の通学の回数、頻度が違ってきます。




posted by キャット7号 at 09:56 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1066
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 09:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の資格


一般的に不動産鑑定士は、年収が多いといわれている士業の1つとして知られています。
そして、不動産関連資格の中では、もちろん不動産鑑定士は、最高峰の資格になります。
まず、不動産鑑定士のメリットとしては、すぐにピンとくると思いまずか、それは高収入です。
もちろん、個人のバラつきはあるでしょうが、全般的に不動産鑑定士は、収入が多い職業と言われています。
不動産関係の仕事をするには、関連知識が必要になってくるので、不動産鑑定士として仕事をするには、しっかりとした知識が必要です。

不動産鑑定士の仕事は、商品在庫を持つ手間もなく、資金面から見ても、比較的独立しやすい資格と言えます。
仕事をしていると多忙なので、不動産鑑定士試験合格に専念するために、退職する人もいます。
独立して公的鑑定評価の依頼が来るようになれば、不動産鑑定士として高収入が見込めるでしょう。
高校生や大学生の時から不動産関係の仕事に興味を持っていて、不動産関係の企業に将来就職したいと考えているなら、早めに不動産鑑定士試験を受験することです。
そのため、不動産鑑定士の資格を取得しておけば、転職などに有利に働くことは間違いないでしよう。
不動産鑑定士は、不況に強い側面があり、希少価値が高い不動産業界系の資格として、今後もますます活躍できる資格と言えます。




posted by キャット7号 at 09:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1065
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 09:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士のための講座

不動産鑑定士の試験対策講座には色々なものがありますが、一般的なのは専門学校、そして資格取得予備校の講座を通学するのが普通です。
大学生や社会人は、通学が難しいので、不動産鑑定士を独学で勉強している人も中にはいるかもしれません。
また、短答式試験に合格した後に、最新の論文式試験用の不動産鑑定士の講座を受講することができるところもあります。
それには、作文での意欲表示により割引してくれたり、宅建受験者、会計士合格者割引、再受講者割引などがあります。
それ以外にも、一発合格者に対する奨学生制度なども用意されていて、不動産鑑定士講座の特典はあなどれません。

不動産鑑定士講座の申し込みについては、早期申し込みの割引制度などもあるので、大いに利用するといいでしょう。
難関試験の不動産鑑定士試験に合格するためには、とにかく、ポイントをしっかり押さえて、集中して勉強することが大切です。
不動産鑑定士の専門学校へ通学可能な人は、まず一番、最初に検討すべきです。

不動産鑑定士の講座の費用は、教育クレジットで分割納入することも配慮されているようです。
そして、資格説明会に参加して不動産鑑定士講座申込みするだけで、1万円割引してくれるところもあります。
特に、スケジュールを立てるのが下手で、スケジュール通りに勉強を進めることが苦手な人は、不動産鑑定士の講座は、おすすめです。




posted by キャット7号 at 09:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1064
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 09:01 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士になるための大学


では、具体的にどのような段階を経る必要があるのでしょうか。
そのことから、あらかじめ、大学へ進学しておいた方が得策かもしれません。
そして、不動産鑑定士の実務修習を受けて、単元を修得し、国土交通省の名簿に登録する必要があります。不動産鑑定士になるには、やはり、それなりの知識が必要なので、専門的な勉強は事前にしっかりと頭に入れておく方が有利に違いありません。
不動産鑑定士になるには、実際問題、専門学校に通学して受験をしようとする人が大半です。
そして、2次試験の合格者の出身大学上位ベスト5は、早稲田、慶応、中央、同志社、立命館となっていて、それだけでも不動産鑑定士の試験の難しさが理解できます。
こうした見てみると、やはり、それなりのステップを踏まなければならないので、不動産鑑定士になるには、一筋縄ではいきません。
そして、それぞれの科目はかなりレベルが高いので、基本的に独学で不動産鑑定士の勉強をするのは困難とされています。
そのため、ほとんどの不動産鑑定士の受験者は、専門学校に通っているというのが実情のようです。
それは、不動産鑑定士が、不動産関連の資格の中で一番難しいと言われているからです。
難関資格の1つで、不動産鑑定士の2次試験の合格率10%あたりを推移しています。
まず、一次試験として短答式試験が実施され、それに合格すると、二次試験の論文式試験を受けることになります。




posted by キャット7号 at 09:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1063
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の求人状況


金融機関では、融資の際の担保に不動産が用いられることが多いことから、鑑定評価業務ができる不動産鑑定士に求人が寄せられます。
民間においても、不動産売買は活発に行われていて、不動産鑑定評価の重要性が高まってきていることから、不動産鑑定士の求人は拡大傾向にあります。

不動産鑑定士の求人にはどのようなところがあるのか詳しく見ると、まず、不動産鑑定事務所があります。
そして、地価公示や都道府県地価調査は毎年行われるものなので、不動産鑑定士が果たす役割は非常に大きいのです。

不動産鑑定士は、不動産の利用方法や運用に関するコンサルティング業務なども行うるので、ニーズは非常に高い仕事なのです。
さらに、M&A取引に関する意思決定を行う実態調査などについても、不動産鑑定士の知識や経験が要求されるので、そうした求人もあります。
そして、民間企業の不動産鑑定士の就職先については、事務所や不動産会社だけではなく、金融機関や証券会社、監査法人、官公庁などからも求人があります。
また、コンサルティング会社でも求人を行っていて、不動産の有効活用や運用のコンサルティングをする会社なので、不動産鑑定士の知識は必須と言えます。
不動産鑑定士の主な仕事は、鑑定評価とコンサルティング業務がメインになります。
これは、不動産鑑定評価を行う会社を指し、大手事務所と個人事務所の求人がありますが、不動産鑑定士として独立するなら、大手事務所で人脈を作ることです。
そして次に、不動産会社があり、ここでは、不動産の売買や賃貸など、不動産鑑定士としての知識が要求されます。




posted by キャット7号 at 08:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1062
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:42 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の難易度


宅建主任者やマンション管理士、管理業務主任者などのレベルアップとして、不動産鑑定士を捉えることもできます。
また、不動産鑑定士の論文試験の合格率は10%程度となっていて、平均して推移しているようです。
論文式試験の受験者数が多いという特長がありますが、それは不動産鑑定士の短答式試験合格者は、申請により2年間の受験免除があるからです。
また、試験科目の免除があるかどうか、科目別の合格制度の有無などがあるかも、その難易度に大きくかかわってきますが、不動産鑑定士にはそれらがあるようです。
もちろん、難易度というのは、それぞれの人の持つ専門レベルによって、一概には言えませんが、少なくとも不動産鑑定士に合格するには、かなりの勉強量が必要です。

不動産鑑定士の試験は、短答式試験と論文式試験があって、短答式試験に合格してはじめて、論文式試験を受験できるようになっています。
もちろん、不動産鑑定士の合格率はかなり低いのですが、計画的にしっかりと学習を進めていけば、狙える資格と言えます。
不動産鑑定士の短答式試験の合格率は25%前後と言われていて、なかなか難しい試験のようです。
そして、2006年度に不動産鑑定士試験制度が改正されて以来、受験者数は約3,000人で、合格者数は750人程度となっています。
しかし、ここ数年の不動産鑑定士は、受験者数が1,200人程度となっていて、受験者数は減少傾向にあるようです。




posted by キャット7号 at 08:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1061
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:33 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の試験


いずれにせよ、受験者本人には合格通知書が交付されるので、通常は、合格通知書で、不動産鑑定士の合格を確認することになります。
不動産鑑定士の論文試験では、民法、会計学、経済学、不動産鑑定理論、不動産鑑定理論の演習から出題されるので、しっかりと勉強しておかなくてはなりません。
不動産鑑定士の出願期間は3月上旬から行われ、受験願書の配布は、都道府県主管課または国土交通省の窓口でもらえるようになっています。
そして、不動産鑑定士の短答試験に合格して、論文試験に不合格のものは、その後2年間は、短答試験が免除されるという方式になっています。
そして、不動産鑑定士の短答式試験は、例年、5月中旬に、論文式試験は、8月上旬に行われるようです。

不動産鑑定士の試験の受験を決めたら、すぐにその申込期間をしっかりと確認しておくことです。
そして不動産鑑定士の願書に関しては、都道府県主管課への郵便請求も可能となっていて、今では、国土交通省のオンラインシステムで、電子申請も可能となっています。
それは、例年、1月頃に官報もしくは、国土交通省のホームページで確認でき、2月中旬頃に、1ヶ月程度、不動産鑑定士の受験願書の配布があるようです。
不動産鑑定士の短答式試験に合格して、はじめて論文式試験を受験できるので、ハードルはかなり高いと言えます。不動産鑑定士の試験は、これまでは、第1次、第2次、そして第3次試験と言う風になっていましたが、法改正により大きく変わりました。




posted by キャット7号 at 08:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1060
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士の年収


事務所や不動産会社に勤務しながら、不動産鑑定士の資格を取得して、すぐに登録して、独立開業して高収入を実現することも可能です。
そうしたことから、不動産鑑定士で高収入を実現するなら、やはり、独立開業することです。
そして、不動産鑑定士の報酬額としては、900万円前後というのが、資料から垣間見ることができます。
独立して事務所を開業した不動産鑑定士の場合、不動産関係の相談を受ける仕事もできます。
そのため、報酬額が年収や月収にそのまま反映されることがないので、その辺のところは十分注意しなければなりません。
ただ、不動産鑑定士の事務所に所属している人の場合、給料制が多くなっています。
公的な仕事での不動産鑑定士の鑑定評価では、その資料から見ると、1人当たりの公的鑑定評価件数は平均で40件程度となっています。
不動産鑑定士の事務所の給料は、独立開業するための腰掛け的な意味合いを持ってしまうので、どうしても薄給になりやすいのです。
相対的にみて、不動産鑑定士の仕事は、大都市圏で、鑑定件数が多いという特徴があります。
要するに、一時の年収だけにまどわされず、長い目で見て不動産鑑定士の価値を判断するのがベストです。
独立開業後に不動産鑑定士が、公的鑑定評価の仕事をすれば、高額報酬が期待できます。




posted by キャット7号 at 08:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1059
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:12 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士とは


専門学校では、通学講座以外に、通信講座などもあるので、サラリーマンが不動産鑑定士を目指すのには最適かもしれません。不動産鑑定士というのは、国家試験に合格して、国土交通省に備える名簿に登録を受けてはじめてその資格が証明されるものです。
そして、職務の重大性においても、不動産鑑定士は、司法試験や公認会計士試験と並んでも遜色のないステータスの高い資格となっています。
年収、給料が多い職業として人気なのが不動産鑑定士で、不動産会社やコンサル会社などで経験を積んで、独立開業できることから、受験者の数は多くなっています。
もちろん、独学で勉強して不動産鑑定士になるという方法もありますが、それはかなりハードルが高い方法と言えます。
司法試験や税理士制度などの戦前からある資格と違い、不動産鑑定士は、比較的まだ歴史の浅い資格と言えます。

不動産鑑定士になるためには、国家試験に合格する必要があるので、かなりの勉強をしなければなりません。
では、不動産鑑定士になると、どのようなことをするのかというと、不動産の正常価格を客観的に判定するというのが主な仕事になります。
土地に税金をかける際、また、買収する場合、そして、銀行が担保にとる場合など、適性価格の判定が必要になるので、不動産鑑定士の存在が必要になるわけです。
不動産の価格を鑑定評価する専門家が不動産鑑定士で、不動産関係ではまさに最高レベルの資格となっています。




posted by キャット7号 at 08:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1058
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 08:01 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護食士1級

介護食士の資格には3級・2級・1級があり、その中でも最も難しい1級についてお話ししたいと思います。
まるで介護食士には3級しかないかのような、そんな印象すら受けます。
そんなわけで、注目度と重要性が高まってきているのが介護食士です。
介護食士の資格が始まった背景には、次のような話があるのだそうです。
集まったわずかな情報の中に、ややおもしろめの情報があったので紹介しましょう。
そして、その中でも一番の難関が、介護食士1級ということになるわけですね。
噂によると、経験というか、調理師だか栄養士としてだかの実務経験が、介護食士1級取得には必要らしいんですがね。
せいぜい、「介護食士1級の資格を取得するには、経験が必要」とか、その程度のことばかりです。

介護食士1級については、正直言って、なかなか情報が集まりませんでした。
もしかして、介護食士1級が難しいというのは、情報が集まらないのが理由ではないでしょうか。
もしかして、介護食士1級を取ろうとする人は、かなり少ないのかもしれませんね。
まあ、英検でも漢字検定でも、1級となると受験者が少なくなるようですから、介護食士もその例にもれないのでしょう。
その反面、介護食士を目指すなら、やはり上を目指して、1級をとりたいという人もいるかもしれませんね。




posted by キャット7号 at 08:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。