2011年07月01日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1068
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 09:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産鑑定士としての開業


それ以外では、都道府県地価調査や、相続税路線価の評価などが不動産鑑定士の公的評価になります。
要するに、不動産鑑定士は、仕事量を確保しやすい資格の1つだと言われています。
民間評価の代表的なものには、不動産の売却、購入の際の鑑定評価や資産価値を知るのに必要な資産評価があり、不動産鑑定士の重要な仕事になります。
そのため、不動産鑑定士で独立開業するには、それなりの時間が必要とも言えます。
スキー場や遊園地などの娯楽施設、そしてマンション開発など、色んなところで、不動産鑑定士としてコンサルティング業務を営むことができます。
すなわち、不動産鑑定士として独立開業するためのビジネスというのは、いくらでもあるのです。
もっとも、形の見えないものを評価するので、非常に難しく、不動産鑑定士の責務は非常に重いものと言えます。

不動産鑑定士の民間評価業務は、企業や個人から依頼を受けることにより、鑑定評価を実施します。
そのことから、不動産鑑定事務所だけでなく、信託銀行や電鉄会社なども不動産鑑定業者の登録を受けなければならないので、不動産鑑定士は、会社でも有利な資格と言えます。
不動産鑑定士は、独立開業だけでなく、事務所には、専任の人を1名以上置かなければならない義務があります。
独立開業として十分な収入が見込めるのが不動産鑑定士の資格ですが、実務と実績をしっかり積む必要があります。




posted by キャット7号 at 09:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。