2011年09月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1158
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入が遡及される場合

雇用保険加入は原則雇用する側が手続きを行うもので、働く側はその指示というか取り決めに従うだけです。
雇用保険加入の資格がないのなら仕方のないことだが、故意かあるいはたまたま忘れたかいずれにしろ雇用保険加入をしなかったらどうなるでしょうか。
それも自分で手続きをしなければならないケースの場合は特にです。
そんなことはなく、雇用保険加入には救済処置があります。
過去に戻って雇用保険加入の手続きをする「遡及加入」という方法です。
一生懸命働いて来たのに、雇用保険加入をしていないだけで、失業給付を受け取ることができなくなってしまうのですから。
問題は会社側が遡及加入することを拒否した場合です。
この場合は働いていた本人自身で雇用保険加入の手続きをしないといけないことになります。
自分の意思でないのに雇用保険加入をしなかった、失業した時に失業給付金を貰えない事を知ったらもちろん困りますよね。
ということは国側も雇用保険加入届出の漏れを認めているということでしょうか。

雇用保険加入を会社勤めを始めた時にやっておいてくれたら何も問題がなかったのに、たまたま加入を忘れていた場合です。
でも気になって、雇用保険加入を遡及して行うにはどうすればいいかについて、ほんのちょっとだけ調べてみました。
ですからどうしても自分で雇用保険加入の手続きが必要になったらインターネットで調べてみて下さい。
でも、雇用保険加入を遡及して行う方法は難解です。




posted by キャット7号 at 00:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1157
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入の役員の取り扱い


ここで言う雇用される者とは給料を貰う人のことであって、所謂ヒラ社員から部長クラスの人達を指し、雇用保険加入が強制的に行われ保険金を払わなければいけません。
雇用保険加入をしていれば失業しても安心、ということで一般的には雇用される者(労働者)を保護するための制度になっています。
雇用保険加入の要件に「雇用保険の被保険者とならない者」という項目があり、そこには取締役・監査役はといった記述があります。
つまり、雇用保険加入を役員と呼ばれる人たちは出来ない、ということなってしまいます。
雇用保険加入は、やはり法律だから例外事項が当然あり、役員と呼ばれる人たちも救済される方法があります。
という事は、雇用保険加入の要件を満たしているなら役員というよりは一般の雇用される者としての立場で加入が出来る、いや加入しないといけなという事です。
雇用保険加入が出来るか出来ないか、その当たりの詳しいことは役員と呼ばれているあなたご自身で調べてください。
もちろん、雇用保険加入による保険金を払うことになります。

雇用保険加入ができたなら、その先は一般の雇用される者と同じ扱いという事になります。
一般の雇用される者と同じ扱いになっています。
では、雇用保険加入を取締役とか監査役という役員と呼ばれる人たちはできるのでしょうか。
自分は役員になってしまったから雇用保険加入が出来ない、失業しても失業給付金がもらえなくなってしまうのか、そんな不安をお持ちの役員のあなた、心配御無用。
但し要件を満たせばですが。




posted by キャット7号 at 00:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1156
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入のパートの取り扱い


もちろん働く側も雇用保険加入が義務付けられています。
あなたの働き方が雇用保険加入の対象になるかどうかの判断基準は、サイトやブログに載っているので調べてみるといいでしょう。
あなたの働き方がパートだから雇用保険加入ができないといった規定のされ方はしていないのです。
雇用保険加入の条件はあなたがどういった働き方をしているか、あなたの雇用形態で決められます。
雇用保険加入に関する法律をもう一度見てみると、被保険者を幾つかの種類に分けているのが分かると思います。
失業しても雇用保険加入していれば収入が途絶えないということになりますから。
社員なのかパートなのかは会社との契約によって決まることであって、雇用保険加入においてはあなたがどの種類の被保険者に当たるかだけを問題にしているに過ぎないようです。
会社の雇用担当者に相談し、できるだけ雇用保険に加入しておいたほうがいいと思います。

雇用保険加入をしていれば、パート勤めをしていても失業時に失業給付金を貰うことができます。
もちろん、雇用保険加入の要件と失業給付金を貰うための要件を満たしていることが前提になります。

雇用保険加入は労働者全員の加入が義務づけられていますが、パートタイマーという働き方についてはそれなりの条件があるようです。
自分はパートで給料が安いから保険金を払うのはいやだとは言えないのです。




posted by キャット7号 at 00:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1155
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入の年齢制限


雇用保険加入や年金についてどこで調べたらいいかってお聞きですか。

雇用保険加入をするかしないか、失業給付金を貰う手続きをするかしないか、60歳台という微妙な年齢のあなたにとっては難しい選択を迫られることになる。
これから定年を迎える方、迎えてしまった方、貴方が再び雇用されて働こうと思うなら雇用保険加入について良く調べておいた方がいい、特に年齢的条件については。
雇用保険加入は働く者を雇用した場合必ず行わなければ成らない手続きだ。
詳しい事は専門の方にお任せするとして、60歳代の方あなたにも関わることですから良く聞いて(読んで)おいて欲しい。
ただ年齢的に雇用保険加入が出来るか出来ないかだけだ。
今更雇用保険加入をする年齢でもあるまい、そうお思いなら思い切って加入しないと決めてしまいましょう。

雇用保険加入するかどうかまだ迷っているのですか、年金だけで生活できますか、今の年齢なら年金が幾貰えるか調べましたか。
インタネットが簡単で、24時間何時でも雇用保険加入について調べることができ、それに無料です。
その代わり失業しても何の保障もありません、もちろん失業給付金も貰えません。
雇用保険加入を止めたなら、後はいかに年金を多く貰えるにはどのような働き方をした方がいいか考えるだけです。
どのような雇用形態にするかも会社側できめてしまう、あなたの意思だけで雇用保険加入をしたくないと言うわけにもいかないようだ。




posted by キャット7号 at 00:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1154
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:02 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入の失業給付金を貰うための書類


会社勤めを始めると通常は雇用保険加入をする手続きをするのですが、その時は何か書類を書かされた様な気がするのですが良く覚えていません。
それに対し、雇用保険加入によって生じた失業時に給付金を貰えるという権利を行使する申請は自分でやらないといけません、それなりの書類を揃えて。
雇用保険加入は会社がやってくれる、強制加入ですからそして保険金の支払いをするこれもある意味強制です給料から自動的に引かれます。

雇用保険加入をするためにはどうすればいいのか、そしてその意味についてはもちろんどんな書類が出されていたのか全くと言って良いほど関心がありませんでした。
雇用保険加入をした時受け取ったのは資格確認通知書だけ、これだけでは失業給付金を貰い申請が出来ない。
まあ、しかたがないのかもしれません、雇用保険加入は働く者にとっての義務でもあり正に失業した時収入が途絶えないための保険ですから。
失業してしまった、さあ収入がなくなってしまうその時になって雇用保険加入のありがたみが初めて解ります。
雇用保険加入をしていれば失業給付金が貰える、それぐらいは知っていたのですがではどうすればいいの。
私からのアドバイスですが、雇用保険加入の仕組みについてはインターネットやその他の方法で早い段階で調べたおいたほうがいいですよ。
もちろんそれだけでなく雇用保険加入して貰える失業給付金の手続きや書類についてはインターネットでも調べました。
不正受給防止のためなんでしょうが、雇用保険加入をしキッチリ保険金を払っていた者からすればもっと簡単にして欲しいものです。




posted by キャット7号 at 00:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1153
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入の義務


しかし、条件を満たさなければ雇用保険加入しなくて良いということなので決して違法行為を勧めている訳ではない。
だから、事業者側が働く人を雇った時必ず雇用保険加入をしなければいけない「義務」なのだ。
会社側にしてみればあくまでも会社としての都合で雇用保険加入の義務を行使するかしないかを決めていることがほとんどなのだから。
失業した時に失業給付金なるものを貰えるのだが、全額国が出してくれるものではない、にも関わらず雇用保険加入をすればそれなりの保険金を負担しなければならない。雇用保険加入をすることは常用的且つ一定期間働く場合において、仕事をする側と仕事をさせる側双方に義務付けられている制度だと言う。
雇用保険加入したからといって、失業給付金が貰えるという保障もないのに、とにかく保険金の一部を負担せよと言っているようなものだ。
もっとも、どうせ失業した時に失業給付金が貰える可能性が少ないと予想されるなら雇用保険加入をしない方法もある、でも義務逃れではない。
雇用保険加入にはそれなりの要件というか条件がある。
何のためにかといえば、働く者が失業した時に金銭的な不自由を味わないようにとの国が親切な制度を作ってくれているのだ。
出来るものなら雇用契約を結ぶ時点で雇用保険加入の件をどうするかきっちりと取り決めをするようにしておいた方がいい。




posted by キャット7号 at 23:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1152
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:42 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入から給付金をもらうまでの手続き


雇用保険加入とは、事業主が働き手を雇った時は必ず加入の手続きをしなければならないと決められています。雇用保険加入の手続きと言っても、雇用側の手続きについてお話をするわけではありません。
でも、面倒だからといって雇用保険加入による給付金を貰う手続きをしないのは勿体無いことではないでしょうか。
雇用保険加入をしていて失業状態になったとき給付金を貰わないという選択肢もあります。

雇用保険加入していた者が事前通告で会社を辞めさせられたとしましょう。
それでようやく雇用保険加入による給付金を貰うことができます。
特に高齢(60歳以上)の方、雇用保険加入による給付金を貰う手続きに入るための手続きをすると年金が貰えない事態にもなり兼ねませんからよく考えてください。

雇用保険加入による給付金を貰う手続きに入るための最初の手続きをすると、次は説明会に参加するという手続きが待っています。
この待機期間、仕事を積極的に探しているという姿勢を見せる手続きをしないと、雇用保険加入による給付金を貰うことは出来ません。
これらの手続きを済ますと、雇用保険加入による給付金を貰うことの出来る権利が生じることになります。
雇用保険加入は義務であり強制的に加入させられます。
雇用保険加入によって雇用する側と雇用される側が負担していたお金が(雇用されていた者が)失業した時、給付金という形で貰うことができます。




posted by キャット7号 at 23:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1151
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入における払う用件・貰う用件

雇用保険加入は仕事をする者と仕事をさせる者の間に一定の要件を満たす限りにおいて必ず加入しなければならないというものです。
雇用保険加入の要件と一言でかたづけていますが、義務として加入するための要件と、被保険者になったことによる権利によってお金(給付金)を貰うための要件とがあります。
結果的に雇用保険加入によって貰えるはずの給付金がなかなか手に入って来ません。

雇用保険加入は確かに義務です。
サイトやブログには雇用保険加入に関する情報が載っているので、調べてみてはいかがでしょうか。
ですが、雇用保険加入によって保険金を払い、失業したときは給付金を貰らえる権利が生じたからといって無条件で給付金がもらえるのではありません。
それが、雇用保険加入による給付金を貰うための要件となります。
私自身、職が無くなり実際に給付金を貰う立場になるまで雇用保険加入について全く関心がありませんでした。
例えば、何時やめさせられるはわからない状態で仕事をしているとか、ほんの一時的な雇用であったりすると雇用保険加入要件を満たしません。
ですが、自分から辞めたため、雇用保険加入によって生じた権利によって給付金を貰うための要件を一部欠いてしまいました。
そして雇用保険加入ができないことになります。
雇用保険加入は確かに要件を満たす限りにおいて強制的に加入しなければならない、そして保険金を払わなければならないと決められています。




posted by キャット7号 at 23:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1150
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雇用保険加入とは


雇用保険加入とは働かせる側と働く側に雇用関係がなければならない、また、継続的に仕事をしている状態になければならないと確か定められていたように記憶している。
雇用保険加入をするとお金がかかる、それに手続きが面倒だといって加入をしないまま働くあるいは働かせるとしたらどうなるだろうか。
雇用保険加入とは国で決めたもので、働かせる側と働く側どちらも強制的に加入することが義務付けられている。
そんな状況にならないために雇用保険加入の決まりがある。
雇用保険加入とは働く者にとってもありがたい制度で、失業したらお金が入ってくるとの認識までは多くの人が持っているだろう。
逆に言えば、雇用状態にないとか継続的に仕事をしているといった条件を満たさなければ雇用保険加入をしたいと思っても出来ない。
言い換えれば、仕事を失った時の雇用保険加入による金銭的補償がないとも言える。
会社が倒産するとか、急に人員整理で失職する等、突然仕事がなくなれば働く者側はたちまち収入が途絶えてしまう。
雇用保険加入の条件を知ることももちろん必要だが、払ったお金、つまり給付金を貰うための条件も要チェックだ。

【雇用保険加入とは前に述べたよう様に働かせる側も働く側も強制的に加入しなければならないもので、加入には幾つかの条件がある。




posted by キャット7号 at 23:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1149
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンドマネージャーの試験

ファンドマネージャー】って、どうやったらその仕事に就くことができるのか、皆さんは知っているでしょうか。
ファンドマネージャーになるには、まず経済学を学んで、投資信託会社に入り、経験を積んでいかなければなりません。
では、稼ぐことのできるという意味でファンドマネージャーになるためにはどうしたらいいのでしょう。

ファンドマネージャーの試験ですが、正直、試験というようなものや、資格のようなものは、ないと考えていいのではないかとおもいます。
こういった点で、ファンドマネージャーになるのは難しいものではありませんが、稼げるかどうかは別になります。
ファンドマネージャーになるということは、つまりお客から資金を預かり、それを運用し、増やしていくことだと思います。
証券アナリストであれば、それになるための試験がありますが、ファンドマネージャーにはそういったものはないと考えています。
ファンドマネージャーになったからといって、稼げることはありませんので、ネット等でこの仕事についてきちんと把握をしていきましょう。
さらにファンドマネージャーとしての仕事内容を理解していったら、ようやくファンドの運用に手をかけていきます。
証券アナリストとなり、ファンドマネージャーシスタントとなり、多くの経験と実績を積み上げてこそ、本物になれるのではないでしょうか。




posted by キャット7号 at 23:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。