2011年09月03日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1132
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 20:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高卒就職率



高卒就職率は、平成2 年をピークにして、その後は年々減少の一途をたどっています。
求人職種としては、高卒就職では、技能工に偏っている傾向にあり、技能工が、4 割以上を占めています。
しかしその後、高卒就職率は、だんだんと低下していって、どんどん減少していきました。

高卒就職率は最近では、あまり芳しくありませんが、そんな中、3 年以内で約半数の者が離職している現実があります。
中卒から高卒へと、就職の主力が移行していくと、それに比例して、1960年代は中卒就職率が減少する中、高卒就職率は上昇していったのです。
しかしこれは、1970年前後までであって、その後は、大学進学率が上昇して、高卒就職率は、漸減していきます。
そして、高卒就職の求人数の減少は、そのまま、企業の経営環境の厳しさを反映しています。
昭和40 年には高卒就職率は、60%を超えていたのですが、平成13 年にはそれが、18.4%と2 割を下回るまでになってしまいました。
そして、高卒就職では、卒業者に占める就職者の割合も毎年低下を続けていて、それはかなり深刻化しています。
ホワイトカラー分野での高卒就職の求人数の減少は、IT 化の進展による補助的業務の減少、業務の効率化によるものとされています。
その推移を見てみると、高卒就職率は、1960年代後半までは、ずっと上昇を見せていました。




posted by キャット7号 at 20:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。