2011年10月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1186
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 05:32 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調理師免許試験問題分析


出題割合は30%と高く、この科目が基本となります。
公衆衛生学は、感染症や生活習慣病についての予防知識です。

調理師免許試験で出題される科目は七科目あり、調理師免許の試験内容は食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、 栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論の計六十題です。
食品衛生学は、食中毒に関する知識や予防法、食品の安全性を保つための知識が問われる問題です。
調理師免許試験においての出題割合は全体の約5%といった感じです。
調理師免許試験では実際には調理に関係ない問題も出題されますが、こういった事は食べ物を扱う側にとって重要なので覚える必要があります。
現代人に不足されがちなミネラルなど、健康な体を維持するのに必要な栄養素も調理師免許試験では出題されます。調理師免許試験は、なかなか骨が折れる問題ばかりです。
食品学は、食品の種類や分類、その食品の成分についての科目で、調理師免許試験では難しい科目です。
次に衛生法規で、国民の健康維持や向上のために守らなければならない法律です。
例えばみかんは果物であり、ビタミンCが豊富に含まれている、といった具合です。
食の安全が問題になっている今、もちろん調理師免許試験にも出題されます。
出題割合は全体の20%となっています。
ちなみに調理師免許試験での出題割合は全体の15%です。




posted by キャット7号 at 05:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。