2011年12月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1250
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 16:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒とリクナビ

第2新卒という言葉を、リクナビなどで、最近良く見かけるようになってきた。
第2新卒どころか、フリーターとして生きていくことにもなりかねない、そんな現状がある。
第2新卒どころか、フリーターとして落ち着く人が多いのも頷ける。
大体、第2新卒という言葉自体が新しいのだから。
自分のやりたいことが見つからず、とりあえず腰掛け程度の気持ちで薦められるまま就職するも、やはり馴染めず第2新卒として新たな職場を探すことになるのである。
一度就職というものを経験している第2新卒者なら、自分にあった就職先を探す事がきっと出来るはずだ。
長年フリーターとしてその職場で働いていた先輩でも、かつて無いほど疲労していて、若い正社員の苦労の凄まじさを知り、結果として、転職、第2新卒となったのである。
しかし、第2新卒者ともなれば、言われなくても自ら行っていることかもしれない。
時給換算でいくらもらえていたのか不安になるような正社員など、誰が望むのだろうか。
第2新卒になるのなら、今度はまともな就職先を見つけて欲しいと願うばかりである。
ともかく、第2新卒者と呼ばれる人々が増えるのにも理由があるのだ。




posted by キャット7号 at 16:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1249
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 16:02 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒者の情報源

第2新卒者が転職をするときには、あらゆる情報源を駆使して、自分にあった企業やその他の職場を選んでいくことが大事だと思います。
これからの時代、情報を活用した人が勝者となるでしょうが、それは第2新卒者の転職においても当てはまることでしょう。
第2新卒者は、最近若い重要な労働力として注目されています。
いずれにしても学んでいく姿勢を見せることが、第2新卒者にとっては、きっとプラスになるに違いない、そんな風に思います。

第2新卒者は、若い日人材を雇用しようと思っている企業からも注目の的になっているでしょう。
年齢だけで考えてみれば、確かに第2新卒者は、通常の新卒者達とほとんど差がないといっても良いでしょう。
ですから、第2新卒者の皆さんも、自らできるだけ沢山の情報を仕入れていくことが大事なのだという意識が大切ではないでしょうか。

第2新卒者の側からすると、この期待に答えられるように、ある種の柔軟性、適応能力が必要とされているということになります。
そして、それらから第2新卒者を支えるのは、しっかりと自分で手に入れた情報たちであると思います。
第2新卒であろうと、社会に求められる人材へは、いずれきっとチャンスが巡ってきますから、まずはそうした意識を持つことが大切でしょう。




posted by キャット7号 at 16:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1248
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の求人状況


そもそも、第2新卒者を雇用してくれる企業とは何処なのか、そうした疑問を持つ人も、いるかもしれません。
答えは簡単、ネットで調べればいいのです。
ですから、どうしても希望する就職先というものを第2新卒者は手に入れる必要があるといえます。
リクナビは第2新卒者に、もしかしたら理想の転職先を見つけさせてくれるかもしれるかもしれないですから。

第2新卒者が転職先の求人情報を、いかにして手に入れるべきか。
そうやって、転職に関する情報を、自分から求めていくことが第2新卒者には非常に重要な姿勢だといえるのではないでしょうか。
やはり大手転職情報サイトならば、情報の信頼性もある程度高いことでしょうし、第2新卒の方にも特におすすめしたいと思います。
第2新卒の転職先はいかにして選ぶべきか、そんなことを知るためにもおすすめなサイトといえますね。
特、転職には、情報にもある種の専門性が要求されるので、第2新卒者には特に参照しておくべきサイトであることに間違いありません。
はじめに就職した場所が心から満足できる職場であったら、第2新卒として転職を考えるまでも無いのですから。
第2新卒者として、今まさに就職活動を行っている人もいることでしょう。




posted by キャット7号 at 15:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1247
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の合同企業説明会

第2新卒者が増えているということは、少なくとも一度もの就職が失敗したという結果と見てもいいのでしょうか。
第2新卒について考える上で、そこは裂けては通れない道であると思います。
この合同企業説明会に、積極的に参加していくことで、今企業側がどのような人材を求めているのかという話が聞けるでしょう。
新卒の正規雇用者に対する、過酷な労働は第2新卒の増加、それを後押ししているといえるのかもしれません。
それが、第2新卒者などを対象とした合同企業説明会です。
失敗とまではいかなくとも、何らかの不満点があったからこそ、第2新卒者という存在が生まれているということでしょう。
第2新卒者達は、常にこうした動向に気を配るべきです。
合同企業説明会に参加し、聞いた様々な情報、それらを分析し、自分なりに考えていけば、それはきっと、第2新卒者にとって何にも変えがたい武器になるでしょう。
では第2新卒者は、いかにすればそうした就職先を手に入れることが出来るのでしょうか。
そのためにネットを使うのもいいですし、合同企業説明会などに顔を出すのも、第2新卒者にとってプラスとなりうることでしょう。

第2新卒者に対して、少なくともヒントにはなりえるであろうと思われるイベントがあります。




posted by キャット7号 at 15:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1246
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の就職状況


第2新卒者の就職先は、等身大の自分にあった就職先、そんなものでなくてはなりません。
第2新卒者達は、ならば、今回こそは、とそんな風に意気込んで、自分にあった就職先を見つけ出すことを目的にしているはず。
試しに、検索エンジンに、第2新卒と打ち込んで検索をかけてみましょう。
第2新卒者達は、自分にあった、本当にやりたいことが出来る仕事を求めています。
そういったものを、第2新卒者は求めているわけです。
では、その第2新卒者達を求める企業などは、一体どういった人員を求めているといえるのでしょうか。
いくら就職経験があるとはいえ、第2新卒者たちは、年齢的には新卒者とほぼ同年代ということになりますから。

第2新卒者が増加していることは、ネット上で検索してみれば一目瞭然ですね。第2新卒者はいかにして就職先を探していくべきなのでしょうか。
スキルを期待されない代わりに、第2新卒者達は、若さと何でも吸収していく柔軟性が求められるということではないでしょうか。
それこそが、第2新卒者が自らの価値を企業側に売り込んでいく上での助けになるのではないでしょうか。




posted by キャット7号 at 15:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1245
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:22 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の職務経歴書の書き方

第2新卒者は、他の就職希望者、あるいは転職希望者よりも、自分の就職先にこだわりを持っている人も多いと思うのですがどうでしょうか。
となれば、履歴書だけではなく、第2新卒者ならば職務経歴書まで繰り出して、自己PRすべきであると、そういう風に私は思うのです。
確かに最近、第2新卒者は注目を集めていますが、それは蚊帳か恣意経歴の持ち主が多いから、そんな理由ではないと思えてなりません。
第2新卒は、それら自ら分析し、考えられる、いわば賢い労働者であることが求められているのではないかと思います。
そうした経歴は第2新卒者がアピールすべき点でないとも、そういう風に言うことも出来るでしょう。
職務経歴書の内容が少なくなってしまうのは、第2新卒者だからしかたないともいえます。
だからといって、第2新卒者が職務経歴書を軽視する理由にはなりません。
しかし、第2新卒者に求められているのはそうした、輝かしい経歴なのかと聞かれれば、少し違うのではないかと思うところでしょう。
むしろ企業としては、何にも染まらず、柔軟で、新しい知識を取り込む意欲に満ちた第2新卒者を求めているのではないか、と。

第2新卒者に求められていること、それは行く先々の職場によって違うでしょう。
なにより第2新卒という言葉そのものが、それを裏付けているのではないだろうかと感じます。




posted by キャット7号 at 15:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1244
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の人材紹介会社



第2新卒は、依然勤めていた期間が著しく短いですから、あまり他の色に染まっていない存在といえるのではないでしょうか。
第2新卒者の場合、一度は就職をしているのです。
あるいはそれだけ、初めての就職に満足できなかった第2新卒の人間の多さ、ということでしょうか。
その上で、大体一年とか二年程度の期間で、新たな職へ転職を希望する若者達のことを、新卒と区別し第2新卒と呼ぶということでしょう。
そのため、年齢的には、ほぼ新卒と同様であると言え、第2新卒は若い戦力として期待できる存在なのです、
一度就職してから、新たに転職するということは、いわゆる中途採用ということですが、他のそれとは異なる扱いをされるのが第2新卒でしょう。
その名の通り、第2新卒者は、新たな新卒といってもいいのかもしれません。第2新卒とは、今もっとも新たな人材が豊富にある、あるいは生まれようとしている存在なのではないでしょうか。
若いことも手伝って、第2新卒者たちは、その他の中途採用者たちよりも新たな環境に適応しやすい存在であるといえるでしょう。
正社員としてでも、転職を考えられるということは、ある程度の精神的ゆとりをもって就職活動が出来るといえるのではなかろうかとも思われますし。
では、一体どのような理由があって、第2新卒者は増加の流れになっているというのでしょうか。




posted by キャット7号 at 15:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1243
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:01 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の転職状況


就職先を求めているという点では同じですが、通常の新卒者と第2新卒者は、少し事情が異なるようです。
だからこそ第2新卒者は注目されている、ということもいえるでしょうね。
第2新卒者の転職が今より受け入れられるようになれば、若い働き手としても選択が広がることになるでしょう。
普通、新卒とは、例えば大学を卒業して初めて就職する人たちのことを指しますが、第2新卒は違います。
一度就職したのなら、何故改めて第2新卒として、転職を希望するのでしょうか。
私を含めて、そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、第2新卒者は増加傾向にあるということも聞いたような気がします。
もちろん、新卒の段階で、天職を見つけられる人がいるのならば、それは素晴らしいことです。
第2新卒者の皆さんも、新卒であった時期があるわけです。

第2新卒者は、雇う側としては以前に働いていた職場の影響が少ないので、中途採用する社員としては扱いやすいともいわれています。
確かに十数年他社で働いていると、自社の環境に馴染むかどうかというリスクもありますからね。
そういう面では、第2新卒者たちは、若い戦力として注目せざるを得ないでしょう。
それでは、どうして第2新卒は増加しているのでしょうか。




posted by キャット7号 at 15:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1242
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 14:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の公務員採用

第2新卒と呼ばれる人が、最近就職事情で注目されているようで。
先ほどの公務員になり損ねた人の話も、第2新卒になったからには公務員では絶対に稼げない年収を手に入れてやろうというモチベーションにつなげることも出来ます。
現に、第2新卒者歓迎の求人は、最近になってさらに多く見られるようになって来ました。
例えば公務員試験を受験したものの、一浪あるいは二浪と、新卒での就職活動なしに、第2新卒のような状況に陥る人というのは存在していることでしょう。
いえ、むしろ第2新卒者だからこそ出来る就職活動というものが存在するはずでしょう。
第2新卒者は、そうした失敗を乗り越え、もう一度社会に出て働こうとする意志のある、それだけ向上心の高い人だといえるのではないでしょうか。
第2新卒者には、まだまだ可能性が多分に有ると思います。

第2新卒者は、いわゆる普通の新卒と呼ばれる人々とは訳が違います。
年はそう離れているわけでもないのに、第2新卒者は何らかの形で、社会の荒波にもまれた人が多いといえるでしょう。
だからこそ、自分のやりたい仕事、上を目指せる仕事を、しっかりと情報を集めた上で見つけていく努力を惜しんではいけないのだと。




posted by キャット7号 at 14:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1241
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 14:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒とは


新卒というのは、大学などを卒業して、そのまま初めて雇用される場合を指すのだが、第2新卒とは、それとは事情が異なるのである。
それでは何処が異なるのかというと、通常の新卒者が、卒業後そのまま初めて就職した人間であるのに対して、第2新卒者とは、一度就職を経験したことがある人達だ。
どうして、一度就職したのにも関わらず、第2新卒者達は、新卒という言葉で表現されるのだろうか。
このように、第2新卒者たちは、それなりに企業側から見ても有力な雇用の対象とされているようだ。
その理由は様々であるが、現在の仕事から離れることを考える若年層が増加したということだ。

第2新卒が増えたのは、いうなれば、就職したものの職場に馴染めなかったり、あるいは他の何らかの理由があったりするように。
それは、第2新卒者達が、新卒として採用されてから、大体一年あるいは二年ほどで、転職を考え出した人々であるということ、これに尽きるだろう。
だが、何故今になって第2新卒者達がこのように注目されるようになって来たのだろうか。
おそらく、第2新卒には、雇用する側からも、通常の新卒と異なる点が見つかるだろう。
企業に雇用された期間が極端に短い第2新卒は、まだ前の勤め先に完全に染まっている訳ではないので、新たな環境にも、比較的順応できると思われているからだ。
先ほども述べたように、通常の新卒と、第2新卒とは異なる。




posted by キャット7号 at 14:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。