2011年12月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1244
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 15:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2新卒の人材紹介会社



第2新卒は、依然勤めていた期間が著しく短いですから、あまり他の色に染まっていない存在といえるのではないでしょうか。
第2新卒者の場合、一度は就職をしているのです。
あるいはそれだけ、初めての就職に満足できなかった第2新卒の人間の多さ、ということでしょうか。
その上で、大体一年とか二年程度の期間で、新たな職へ転職を希望する若者達のことを、新卒と区別し第2新卒と呼ぶということでしょう。
そのため、年齢的には、ほぼ新卒と同様であると言え、第2新卒は若い戦力として期待できる存在なのです、
一度就職してから、新たに転職するということは、いわゆる中途採用ということですが、他のそれとは異なる扱いをされるのが第2新卒でしょう。
その名の通り、第2新卒者は、新たな新卒といってもいいのかもしれません。第2新卒とは、今もっとも新たな人材が豊富にある、あるいは生まれようとしている存在なのではないでしょうか。
若いことも手伝って、第2新卒者たちは、その他の中途採用者たちよりも新たな環境に適応しやすい存在であるといえるでしょう。
正社員としてでも、転職を考えられるということは、ある程度の精神的ゆとりをもって就職活動が出来るといえるのではなかろうかとも思われますし。
では、一体どのような理由があって、第2新卒者は増加の流れになっているというのでしょうか。




posted by キャット7号 at 15:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。