2012年02月20日

国家資格難易度と弁護士の数



国家資格難易度の高さは、ある意味、その職業の難易度の高さとも言えるでしょう。
ようするに、嘗て誰でもが受験出来た時代の旧司法試験と、今の新司法試験では、国家資格難易度も、合格者の数もそれほど大きくは変わってないという事だと私は思いますね。
これでは国家資格難易度トップクラスと言えないじゃないかっという気もしますよね。国家資格難易度で言えば、恐らくトップクラスに該当するでしょう、司法試験。
もし仮に、その代替処置として設けられている予備試験を受けるとしても、その予備試験は国家資格難易度ナンバーワンだった時代の司法試験一時に相当するものです。
そこで、合格率だけで見れば、ある程度国家資格難易度は下がったように見える訳です。
結果、旧司法試験時代に比べて、受験者数が大幅に減少していると見られます。

国家資格難易度というのは、このように受験者数や試験の流れなどによっても大きく異なって来ます。
意外と少ないような気がするかも知れませんが、国家資格難易度の高い司法試験の合格者数から考えると、これは妥当な数字でしょう。
そもそも、司法試験に受かったからと言って、必ずしも全ての人が弁護士になるとは限っていないですからね。
でも、国家資格難易度が高い割に、弁護士って、やたらめったら周囲にゴロゴロしていると思いませんか。
それに、実際には国家資格難易度超難関の司法試験を受けた事のない、役者弁護士が、ドラマの中で活躍しすぎているというのもあるでしょうね。
やっぱり国家資格難易度の持つ価値というのも手伝って、絶大の人気を誇っています。




posted by キャット7号 at 00:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1299
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認会計士の国家資格難易度


それが近年、俄にメジャーな存在になりました。
という事で、国家資格難易度超難関の公認会計士の道、是非歩んでみたいと思われる方は、関連のブログやサイトで一度情報収集されてみるといいのではないでしょうか。
というのも、橋田寿賀子の人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の中で頻繁に登場したからでしょう。

国家資格難易度超ハイレベルだと長年言われて来た司法試験は、法令が変わり、その合格率が一挙に10倍以上に跳ね上がりました。
て、まあそんな事はどうでもいい話で、とにかく、えなりかずき君演じる眞は、国家資格難易度超ハイレベルの公認会計士の試験に一発で合格したのです。
ものすごい事だけど、この辺りが流石はドラマの世界、正直、羨ましく思われた方も多いでしょうね。
それも、国家資格難易度超ハイレベルな世界なんて、一見余り関係なさそうに見える中高年の男女、特におば様方を中心に知名度が上がったのです。
何せ、その合格率は8パーセント前後と、司法試験の6分の1から8分の1程度です。
勿論、嘗て司法試験の合格率はそれを更に下回る3パーセントでしたからね、正真正銘の国家資格難易度ナンバーワンだったのですが・・・。
ただ、司法試験は基本的に法科大学院を卒業するか予備試験に合格するかしないと受験出来ませんが、公認会計士は学歴も年齢も一切不問です。
実際問題、彼のように会計事務所で見習いをしながら国家資格難易度超ハイレベルな公認会計士の試験に一発で合格する事は異例の類です。
この修了考査と呼ばれる実務補習の修了試験がまた、国家資格難易度超難関と言われる公認会計士の試験に負けず劣らずの難しさだというのですから、実に厄介な話です。
公認会計士として働くためには、国試合格後、2年間監査事務所で見習いをしながら3年間国の定める実務補習を受け、さらにその修了試験に受からなければならないのであります。




posted by キャット7号 at 00:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1298
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度と旧司法試験&新司法試験


国家資格難易度ランキングにおいて堂々のナンバーワンに選ばれていたのも納得出来るというものでしょう。
まあ早い話、同じく超ハイレベルな国家資格難易度を持つ医師などと同様の条件になったという訳ですね。
けれど、この新司法試験を受験するためには、法科大学院という専門のlawスクールに最低でも2年、通常は3年間通い、その受験資格を得なければなりません。
まあ2011年までは移行期間という事で、新司法試験か旧司法試験かを選べましたが、2012年からは一律新司法試験による合否の判定となったのです。
何しろ、一時試験と二次試験があって、その合格率は3パーセントと言われてましたからね。
むしろ、この法科大学院の履修という課題が、従来の国家資格難易度以上に、合格率を下げていると考えてもいいかも知れません。
それにしても、一体全体どうして突然司法試験は国家資格難易度をこんなにも下げてしまったのでしょうか。
というのも、合格率が突如10倍以上もアップし、30パーセントとか40パーセントとかっていうレベルになってしまったからです。
実は実は、平成14年の法改正により、平成18年から新しい司法試験制度が導入されました。
ただし、難しくなったのは受験問題ではなく受験資格の方で、ここに司法試験が国家資格難易度を大幅に下げた理由があるようです。
結果、今では所謂キャリアと呼ばれる国家公務員になるための試験の方がずっと難関だという噂も出ています。
もっと分かりやすく言えば、国家資格難易度から考えて、受かる確率の高い人だけが受けられるようになったため、合格率が上がったという流れです。
ただ、医師の国試とは違って、もし法科大学院の履修が困難であっても、予備試験を受けて受かれば受験資格は得られます。
という事で、国家資格難易度以上に、新司法試験の特徴などをしっかりブログやサイトで調べる必要がありそうですね。




posted by キャット7号 at 00:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1297
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:03 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特徴から見る国家資格難易度

国家資格難易度の高いものと言えば、医師や弁護士、税理士などの専門職というのを思い浮かべる人が多いかと思います。
確かに、こうした国家資格難易度の高い資格を所持していると、業務独占資格や名称独占資格を与えられる事も多く、社会的地位の保障にもなりますよね。
ようするに、国家資格難易度のレベルが云々と言う前の話。
が、しかし、社会福祉士と名乗るには、この国家資格がなければならないという法律があり、この資格を受験するための資格条件というのもかなり制限されているのです。
国家資格難易度としては中級レベルで受験資格不問のものでも、持っていないよりはずっと優位だろうと考えます。

国家資格難易度は結構高くても、指定の教育機関で履修する事や、実務を摘む事で、取り敢えず合格率がグ〜ンとアップするものも少なくありません。
その一方で、OLやサラリーマンがよく受験を試みる社会保険労務士の受験資格は学歴が問われます。
指定された教育機関での履修や指定された資格、指定された実務経験などを所持していなければ受験すら出来ないという事です。
後、不動産関連の資格は、国家資格難易度もそれほど高くなく、受験資格不問というのがいくつかあります。
また、趣味が高じて受験を希望する人の多いと言われる気象予報士や旅行業務取り扱い管理者なども、国家資格難易度としては中級レベルでしょう。
むしろ、宅建こと宅地建物取引主任者や管理業務主任者の資格、そしてマンション管理士と司法書士を全て持ち合わせていれば、不動産業界では結構重宝されるでしょうね。
そのためには、個々の国家資格の内容と特徴をしっかり理解する事が重要になるでしょう。
国家資格難易度自体はやはり中級レベルで、仕事の合間に通信教育や参考書などで勉強し、免許を取得する人が大半ではあります。




posted by キャット7号 at 00:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1296
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度のランキング


今思えば、自分も大学に進学して、もう少し専門的な事をいろいろ勉強しておきたかったですよ。
司法試験や税理士、医師など、国家資格難易度の高いものの中には、専門機関での履修が受験必須となっているものも少なくないですからね。
結局は、家が貧乏だからなどと言って、自分の勉強嫌いや先見の目のなさをごまかし、そのチャンスを逸してしまっただけなんですよね。
うちで履修して、医師免許を取得して、社会に出てドクターとして活躍するのが、ある意味当たり前なんでしょうね。
そして、もっと悔しいのは、こうした国家資格難易度の高い資格は、ある程度の年齢になってから取得するのは基本的に無理であるという事。

国家資格難易度の高さは、最終的には自分の能力と努力で決まって来ます。
で、まあ医師や弁護士とまでは行かなくても、そこそこ国家資格難易度の高い専門職の資格を一つ位は取っておきたかったものですね。
私はそれが悔しいとは思うのですが、妻は世間に悔しがらずに、自分に悔しがるべきだろうと笑います。
でも、私にもし本当にそんな国家資格難易度の高い資格がとれるだけの能力と社会的必要性があれば、きっとどうにかなってはいたはずです。
勿論、人生いくつになっても勉強は出来ますからね、40歳や50歳で医大や大学の法学部に入ったっていいんですよ。
それが医者や薬剤師のような医療系ともなると、尚更の事だろうとは思います。
確かにおっしゃる通りで、こんな私にでも、一応国家資格難易度の高い資格に挑むチャンスは0ではなかった訳です。
そう、基本的に大学の医学部では、国家資格難易度のランキングなんて関係ないんですよ。
我々から見れば、超難関の国家資格難易度を持つ医師の試験ですが、その先生に言わせれば、自分の後輩として6年も学んでおきながら、というのがあったようです。




posted by キャット7号 at 23:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1295
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:42 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度と資格の種類


因みに、民間資格は例え国家資格難易度の上級レベルに値するだけの難関を有していても、あくまでも民間資格であって、法律上何の効力も持たないものが大半です。
されど、車の運転免許は、弁護士や医師が持っているのと全く同類の立派な国家資格なのであります。
車の運転免許などはその代表格で、国家資格難易度なんて、殆どの人が考えないのではないでしょうか。
そしてそして、やはりそうした業務独占資格の与えられる資格については、平均的に国家資格難易度は高いと言えるでしょう。
当然、国家資格難易度というのは、あくまでも国家資格、国の認可した免許証をもらうための試験の合格率の目安です。
勿論、看護師さんは国家資格で、その国家資格難易度もかなりのハイレベルです。
国家資格難易度で測ると、有に中級レベルの能力を要する事にはなるだろうとは思いますが、公的資格よりさらに効力自体は弱くなってしまうんですね。
ようするに、お医者さんや弁護士さん、それに美容師さんや利用しさんなど、その免許がないとその仕事が出来ないというものですね。
が、しか〜し、全ての看護師資格が国家資格という訳ではなく、国家資格として認められるのは正看護師のみ、准看護師は残念ながら公的資格です。
こうした免許については、国家資格難易度がどうのこうのというより、先に指定の民間資格や公的資格を取得しないと、国試の受験資格が得られない場合もあるんですね。
ものや等級によっては、国家資格難易度の中級レベルを有に超える物があっても、国が認定してくれた免許証ではないのです。
このような事からも、国家資格難易度を考えると同時に、資格の種類を把握する事も大事で、その辺りを関連のブログやサイトで調べる必要性があるんですね。




posted by キャット7号 at 23:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1294
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度と就職の関係


でもって、何も無理に国家資格難易度の超ハイレベルなものでなくてもいいという事ね。
が、しかし、その反面、余りにも専門的過ぎて、ある程度就労の範囲が限られて来てしまいがちです。
しかも、これら国家資格難易度の本当に高い資格を取るには、当然ただならぬお金と時間が掛かります。
が、しかし、こうした国家資格難易度の高い資格を取得するには、少なくとも、高校生の頃にその専門職への夢と目標を抱かなければなりません。
医師や看護師、保育士、弁護士、税理士、公認会計士などは、その典型的例ですね。
つまり、私が言いたいのはですね、国家資格というのは、持っていて損はないものであるというのは確かだという事ですよ。
因みに、あの自動車の運転免許も立派な国家資格なんですよ、まあ国家資格難易度としては、お世辞にも高いとは言えませんけどね。
そこに国家資格難易度の高い免許の価値やステータスがあるのでしょう。国家資格難易度において、超難関と言われるのが医師免許と司法試験、そして公認会計士や税理士などです。
一方、そこまで国家資格難易度に拘らなくても、持って要れば就職や転職に優位になる免許は沢山あります。
勿論、自動車の運転免許だってその一つ、所持していてバカにされるとか、不要にされるという事はないですよね。
しかも、これらは国家資格難易度が超難関でないという事に加え、受験資格不問で、学歴や実務経験がなくても取得出来るのです。

国家資格難易度としては中級レベル程度の方が、むしろその利用範囲は広く、就活に有利になるものも沢山あります。
そして、専門的にそれらの知識や実技を取得出来る教育機関で、しかるべく履修経歴を摘まなければならないのです。




posted by キャット7号 at 23:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1293
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:22 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度と通信講座


まあそれほど国家資格難易度としては高いものではありませんでしたから、通信教育と実務経験だけで十分合格出来たのです。
そう、自動車の運転免許と同様、サラリーマンやOL、それに主婦が持つには中々お手頃な免許なのです。

国家資格難易度の高い資格の中には、実技や実務経験を問うものも沢山あります。
特に通信教育の充実している今、仕事や家事の合間に自宅で勉強し、司法書士や行政書士、そして宅建などの国家資格を取得する人が増えています。
働きながら国家資格難易度のそこそこ高い免許を取るのは大変だろうという気もしますが、その方が経験などから理解がしやすい面もあるようです。
だからこそ、専門機関での履修や実務がその評価対象となり、国家資格難易度を別の意味で左右していると言っても過言ではないでしょう。
妥当な線というより、それそのものが受験資格として義務付けられている事も珍しくありませんからね。
ただ、基本的にそうした実務や実技試験を伴わないもので、学歴不問となれば、誰でもトライするチャンスはある訳です。
また最近は、先に就労して実務経験を積みながら、その傍らで資格取得を目指すという方も多いですね。
勿論、実務経験0でも、国家資格難易度のそこそこ高い資格が取れる優秀な通信講座も多数ありますから、何かしらにチャレンジしてみるのも面白いかも知れませんね。
その国家資格難易度のそこそこ高い資格を独学で取ったとなると、尚のこと自慢出来るでしょう。
中でも、宅建などは、自分がマイホームを買おうとか建てようと思うに際し、勉強した事をもう少し詳しく突き詰めて行く事で合格出来るかも知れないのです。
因みに、今人気のある国家資格取得のための通信講座としては、宅建やマンション管理士、それに行政書士や司法書士、中小企業診断士といったところだそうです。




posted by キャット7号 at 23:20 | Comment(1) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1292
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度とは


が、しかし、現実にはとにかく一つでも多くの資格を取る事が就職への近道となると、国家資格難易度というのは非常に重要になる訳です。国家資格難易度なんて、自分が将来したいと思う仕事に就くために合格を目指すのであれば関係ないっというのが本当でしょう。

国家資格難易度は、読んで字のごとく、国家資格の難易度を示す水準です。
国家資格難易度のレベルはどうあれ、合格すれば立派な国家資格所持者です。
にも関わらず、みんな英検は取りたがるのに、通訳案内士となると案外そうでもなかったりなんかするんですよね。
例えば、大変メジャーな実用英語検定は国家資格ではなく公的資格なので、国家資格難易度の比較対象にはならないのです。
また、当然の事ながら、受験資格や経歴などによっても大きく異なりますよね。
ですから、国家資格難易度のランキングというのをよく見掛けますが、その中身は微妙に違うものもあれば、他の掲載と大きく差があるものもあります。
つまり、国家資格難易度というのは、自分自身の考え方や先見の目一つでもある程度変動させられるという事ですね。

国家資格難易度というのは、最適な時期に、最適なルートで受験する事で随分ハードルが低くなる事もありますが、当然、その逆もある訳です。
例えば、一般にいう教員資格は国家資格難易度としては決して高いものではありません。
ただし、いくら国家資格難易度としてのレベルは低くても、大学や短大に進学し、必要単位を取る事は楽ではありません。
そんなこんなの国家資格難易度というのがどういうものなのか、本格的な就活が始まる今、一度ブログやサイトで調べておくといいでしょうね。




posted by キャット7号 at 23:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1291
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:04 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国語教師の登録


そこで、もっと気軽に中国語教師を見つけたい、友人のように会話のやりとりを続けることで中国語を身に着けたいという需要から、紹介サイトが生まれたようです。
中国語教師のプロフィールを検索し、自分の条件と合致したと感じた人が、紹介サイトに紹介料を支払い、申込みの連絡を取ることができるという仕組みになっているようです。
実際、中国語教師紹介サイトには、需要側、供給側、多くの人が登録しています。
中国語教師紹介サイトに登録することが、近道であるといえるのではないでしょうか。
レッスン場所は駅近くのカフェで行うことが一般的ですし、世間話を交えながら、楽しく過ごす場合が多いようです。
現在のところ、一番ポピュラーな方法としては、中国語教師紹介サイトに登録するというやり方です。
やはり、顔を知っているのと知らないのとでは、大きな違いがありますからね。
最近では、中国語をきちんと学びたい、習得したいという方が多く、中国語教師への需要は非常に高まってきています。

中国語教師として登録する場合は、自らのプロフィールや、教えに行ける地域の指定などを書き込まなければなりません。
顔写真を載せておいた方が、より中国語教師の依頼が来やすいということはあるかもしれませんよ。




posted by キャット7号 at 23:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1290
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 22:58 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。