2012年02月11日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1292
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度とは


が、しかし、現実にはとにかく一つでも多くの資格を取る事が就職への近道となると、国家資格難易度というのは非常に重要になる訳です。国家資格難易度なんて、自分が将来したいと思う仕事に就くために合格を目指すのであれば関係ないっというのが本当でしょう。

国家資格難易度は、読んで字のごとく、国家資格の難易度を示す水準です。
国家資格難易度のレベルはどうあれ、合格すれば立派な国家資格所持者です。
にも関わらず、みんな英検は取りたがるのに、通訳案内士となると案外そうでもなかったりなんかするんですよね。
例えば、大変メジャーな実用英語検定は国家資格ではなく公的資格なので、国家資格難易度の比較対象にはならないのです。
また、当然の事ながら、受験資格や経歴などによっても大きく異なりますよね。
ですから、国家資格難易度のランキングというのをよく見掛けますが、その中身は微妙に違うものもあれば、他の掲載と大きく差があるものもあります。
つまり、国家資格難易度というのは、自分自身の考え方や先見の目一つでもある程度変動させられるという事ですね。

国家資格難易度というのは、最適な時期に、最適なルートで受験する事で随分ハードルが低くなる事もありますが、当然、その逆もある訳です。
例えば、一般にいう教員資格は国家資格難易度としては決して高いものではありません。
ただし、いくら国家資格難易度としてのレベルは低くても、大学や短大に進学し、必要単位を取る事は楽ではありません。
そんなこんなの国家資格難易度というのがどういうものなのか、本格的な就活が始まる今、一度ブログやサイトで調べておくといいでしょうね。




posted by キャット7号 at 23:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。