2012年02月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1294
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格難易度と就職の関係


でもって、何も無理に国家資格難易度の超ハイレベルなものでなくてもいいという事ね。
が、しかし、その反面、余りにも専門的過ぎて、ある程度就労の範囲が限られて来てしまいがちです。
しかも、これら国家資格難易度の本当に高い資格を取るには、当然ただならぬお金と時間が掛かります。
が、しかし、こうした国家資格難易度の高い資格を取得するには、少なくとも、高校生の頃にその専門職への夢と目標を抱かなければなりません。
医師や看護師、保育士、弁護士、税理士、公認会計士などは、その典型的例ですね。
つまり、私が言いたいのはですね、国家資格というのは、持っていて損はないものであるというのは確かだという事ですよ。
因みに、あの自動車の運転免許も立派な国家資格なんですよ、まあ国家資格難易度としては、お世辞にも高いとは言えませんけどね。
そこに国家資格難易度の高い免許の価値やステータスがあるのでしょう。国家資格難易度において、超難関と言われるのが医師免許と司法試験、そして公認会計士や税理士などです。
一方、そこまで国家資格難易度に拘らなくても、持って要れば就職や転職に優位になる免許は沢山あります。
勿論、自動車の運転免許だってその一つ、所持していてバカにされるとか、不要にされるという事はないですよね。
しかも、これらは国家資格難易度が超難関でないという事に加え、受験資格不問で、学歴や実務経験がなくても取得出来るのです。

国家資格難易度としては中級レベル程度の方が、むしろその利用範囲は広く、就活に有利になるものも沢山あります。
そして、専門的にそれらの知識や実技を取得出来る教育機関で、しかるべく履修経歴を摘まなければならないのです。




posted by キャット7号 at 23:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。