2012年05月16日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1387
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 14:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FP資格の難易度


3級のFP資格の学科試験の合格率は、60〜90%の高さで推移しています。
特にFP資格を金融業界へ転職する切り札として考慮している人にとっては、周りからの生の情報を集める機会が少ないものです。
金融界の現役社員など、その道のプロなら、2級のFP資格であっても、比較的受かりやすいと言えます。
6科目まんべんなく勉強していなければ受からないというのが、FP資格の味噌ですが、反対に言えば、しっかり勉強さえしていれば誰でも受かる可能性はあるのです。
そうしたことから、最近では、多くの受験者が初めから2級のFP資格を目指す人が増えています。

FP資格で、2級と3級の難易度の開きというのは、一体、どれくらいあるのでしょう。
25%という数字は、他の国家資格と比較すると高い合格率のように感じますが、FP資格の受験者層の素養が高いことを考慮すると、非常に難易度が高いのです。
2級と3級のFP資格の難易度は大きく違っていて、2級の検定は決して侮れないのが、この試験の大きな特長と言えます。
2級のFP資格の技能士の試験は、保険会社や銀行などの金融機関の現役社員も大勢受験しているのに、合格率は平均でも25%前後と、かなり難易度が高くなっています。
試験の範囲が広範なのがFP資格の特徴で、技能士検定の試験科目は全6科目となっています。




posted by キャット7号 at 14:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。