2012年06月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1415
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 19:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法律から見た情報漏えい対策


もちろん、多少の手間パスワード入力等はやむを得ませんけどね。
都会で家に鍵も掛けず外出するようなもので、情報漏えい対策をしてないのなら情報を盗み見られても仕方がないでしょう。
法律というのは存外重く、情報漏えい対策を考える上でも考慮したいポイントの一つになります。

情報漏えい対策の具体的な方法には幾つか種類があり、それぞれの特性を理解した上で適切な場所に配置すると効果が高まります。
もちろん、法律的にも一番悪いのは情報を悪用しようと考える人です。

情報漏えい対策が十分と言える程度に行われていれば情報漏えいはない、と考えるのは少々短絡的です。
もし明るみに出た時、より大きなダメージを受けるのはどちらかを考えてみましょう。
USBメモリなどの媒体を持ち歩かないというのはかなり効果的な情報漏えい対策ですが、日常業務に支障をきたす恐れがあります。
直接私達の情報を取り扱う企業には特に、情報漏えい対策を万全のものとして貰いたいですね。
個人レベルでも住所やクレジットカード番号など大変な情報があるのに、それが企業レベルとなると何よりもまず情報漏えい対策が大切というのは自然と気付く話でしょう。
具体的にどんな情報漏えい対策があってメリットやデメリットがあるのか、ブログやサイトを利用してチェックしてみることをお勧めします。




posted by キャット7号 at 19:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。