2012年06月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1422
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 20:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールでの情報漏えい対策


この情報漏えい対策を利用するにあたっては、管理者が自社用のフィルタリングルールを一から定義しなければならないのです。
間違って書いたアドレスが実在すると、メールはその宛先に配信されるので、情報漏えい対策は万全でなければいけません。
メーリングリスト宛にメールを出す場合、リストの構成メンバーが想定メンバーと異なる事もあるので、キチンと情報漏えい対策を有効にしておかなければなりません。
情報漏えい対策としては、添付ファイルの内容が秘匿な情報の場合、暗号化することで被害をなくすことができます。
大事な情報は暗号化して送信するのが情報漏えい対策の基本で、メールがネットワーク上を流れる際、対策をしていないと、読み取られる危険があります。
つまり、標準のフィタリングルールは用意されていないので、この情報漏えい対策は、どんな内容のメールが情報漏えい当たるのかを定義づける必要があるのです。
そのため、この情報漏えい対策を導入するにあたっては、組織としてフィルタリングポリシーを明確にして、それを実行できる体制を確立することが重要です。情報漏えい対策というのは今や必須で、メールの誤送信によっても情報は簡単に漏えいします。
メールからの情報漏えいは、宛先ミスや、添付ファイルの取り違えなどほとんどが過失で起こるので、情報漏えい対策は一筋縄ではいきません。

情報漏えい対策は、対策手段として、レベル別に独自に展開していく必要があります。




posted by キャット7号 at 20:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。