2012年08月21日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1483
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 07:01 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイド協会

国際山岳ガイド協会というのは、登山の安全と自然保護に関する教育指導者を育成することを目的に活動しています。
国際山岳ガイド協会では、安全で楽しく、環境に優しいを原則として、自然体験活動も推進しています。
そして、国際山岳ガイド協会では、四季を通じて自然にふれあう活動やエコツアーなどを行う自然ガイドも指導しています。
こうした国際山岳ガイド協会の目的は、設立時から今日まで、ずっと変わらずに継続しています。
四季を問わず日本の山々をガイドする山岳ガイドや、岩壁登攀、アイスクライミングなどを主な業務とする登攀ガイドなども、国際山岳ガイド協会では遂行しています。
そして、国際山岳ガイド協会は、安全対策はもちろん、数々の研修や教育を通じて、ガイドの資質向上に努めています。
国際山岳ガイド協会では、山岳ガイド、自然ガイドの職能に区分していて、プロフェッショナルとしての活動を促進しています。
山岳ガイドや自然ガイドのスタンダードを構築しているのが、国際山岳ガイド協会で、多くの登山、自然愛好者に、よりよいサービスを提供しています。
また、国際山岳ガイド協会は、公益法人のディスクロージャーの充実による業務運営の透明化と適正化をも図っています。
また、山岳ガイドの位置付けの統一化と 国際ライセンスカードの発行を通じて、国際山岳ガイド協会は、山岳ガイドの業務円滑化に邁進しています。




posted by キャット7号 at 07:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1482
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイド情報


そして、そうすることで、国際山岳ガイドとして、登れるルートの幅もグンと広がることになります。
岩の質や岩の形状によっても登り方は違うので、国際山岳ガイドになったら、いろんなゲレンデやマルチピッチで経験を積むことが大事です。
そして、国際山岳ガイドは、高度に慣れなければならないので、積雪や残雪期の富士山に登ることをおすすめします。
そして、国際山岳ガイドは、クライミングシステムの理解をすると同時に、ルートファインディング能力を高めることが求められます。
また、国際山岳ガイドの情報としては、長時間行動できる体力を養う必要があるので、テント山行や、冬期の八ヶ岳の登攀ルートを登ることも大事です。

国際山岳ガイドになって、個人的に嬉しい情報としてお伝えすることがあります。
それはたぶん、山の情報を得るために見ていると思われ、国際山岳ガイドとしては、しっかりと山の状態を伝える必要があると思いました。
実は、自分の国際山岳ガイドのプログが好評で、訪問者数が日増しに増えている状況なんです。
もっともされは個人の感覚、技術、意識によるところが多いので、国際山岳ガイドのブログの内容を100%信用してはいけません。
実は今年の4月に国際山岳ガイドのフリークライミングビギナー講習を受けてきたのです。
このマルチのシステムを理解することで、国際山岳ガイドとして、より大きな壁にもチャレンジできるようになりました。




posted by キャット7号 at 06:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1481
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドになりたい場合



国際山岳ガイドの資格を取得すれば、連盟加盟国において、その加盟国の法律に反しない範囲で、全ての山岳ガイド及びインストラクター行為ができます。
登攀ガイドについても、国際山岳ガイドとは違い、これは日本国内で季節を問わず全ての山岳ガイド行為ができるというものです。
その後、晴れて、国際山岳ガイドとして登録するという流れになるので、なりたい人は、そうした手順を踏まなければになりません。
そして、各地の協会の資格認定試験を受験して、国際山岳ガイドに合格しなければなりません。
そして、高い技術を持つ国際山岳ガイドであっても、参加者のレベルや目的に合わせた対応が要求されることになります。
この場合、国際山岳ガイドと違って、岩壁と氷壁登りは最高ピッチグレード三級以内で構成されていて、かつ最大4ピッチ以内の登攀ルートとなっています。
思い切って未知の扉を開けば、国際山岳ガイドになりたいという夢を叶えられるでしょう。
まず国際山岳ガイドになりたいと思っている人は、登山経験を積むことが大事で、アルパインガイド養成学校や民間のアウトドア専門学校などで知識と技術を養うことです。

国際山岳ガイドで有名な鈴木昇己さんは、多くの人から信頼されて25年の実績があるので、彼の教室では、色んなプランがフルサポートされています。
頑張って国際山岳ガイドになることができれば、そこには大きな喜びと感動があり、新しい発見を見出すことができます。




posted by キャット7号 at 06:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1480
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの試験


そして、国際山岳ガイド連盟に正式な入会した後、本会からガイド資格認定証とガイドバッジが正会員団体を通じて付与されます。
国際山岳ガイド連盟に加盟している日本山岳ガイド協会は、1965年に設立され、1966年、最初の規約が制定されています。
そして、見事、国際山岳ガイドの試験に合格すれば、国内はもとより、ガイド連盟加盟国において、晴れて、山岳ガイドおよびインストラクター行為ができるのです。
もちろん、 国際山岳ガイドの資格取得にあたっては、試験を受ける必要があります。
国際山岳ガイドの資格研修課程というのは、試験の中でも重要で、日本国内で季節を問わず、全ての山岳ガイド行為をすることができます。
国際山岳ガイドの入会申請書については、正会員団体より取り寄せなければなりません。
国際山岳ガイドの必要書類の提出漏れ、あるいは受験基準に満たない場合には、規定の試験を受けることはできません。

国際山岳ガイドの準会員の場合、正会員入会手続きが別途必要で、所属団体を通じて正会員入会の申請手続きをする必要があります。
開催要項の掲載については、国際山岳ガイドの試験については、6月下旬の予定となっています。

国際山岳ガイドの平成24年度試験実施予定を見ると、開催日は変更される場合があるので注意しなければなりません。
試験に合格するためには、国際山岳ガイドの基礎をしっかりと学ぶ必要があります。




posted by キャット7号 at 06:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1479
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの講習

国際山岳ガイドでは、講習が開催されていますが、色々ある中、ガイドの近藤プロのクライミング技術の講習を受けてきました。
自宅で、国際山岳ガイドの講習で学んだことを復習するというのは、意味があることを実感しました。
アクシデントに備えて、国際山岳ガイドの講習を受けることは大切なことなので、是非、体験してみるべきでしょう。
そう言う意味では、国際山岳ガイドの講習はとても勉強になりました。
今まで、救助現場は経験してきたのですが、もっと早く国際山岳ガイドのWFAの講習を受講すれば良かったと思っています。

国際山岳ガイドの講習は、色々ありますが、国立登山研修所では、受講生約30人が寝食を共にしながら、みっちり講習を受けるというものでした。
何となくシステムはわかっても、それをこなせるようになるには、国際山岳ガイドの講習で学んだことを繰り返し練習する必要があります。
野外でのアクシデントやケガに遭遇した事を考えると、こうした国際山岳ガイドの講習は、意義あるものと思います。
とにかく、国際山岳ガイドの講習を受けると、今後の活動に良い刺激になることは間違いありません。
中々、国際山岳ガイドの講習で、野外救急法の講習を受けられるというのは少ないので、貴重な講習会だと思います。
夜遅くまで予習復習となる、合宿のような国際山岳ガイドの講習で、いい意味でプレッシャーを感じる5日間でした。




posted by キャット7号 at 06:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1478
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:11 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの角谷道弘


そして、1999 年、国際山岳ガイドの角谷道弘は、チベット・リャンカンカンリに初登頂します。
その後、国際山岳ガイドの角谷道弘は、南米最高峰アコンカグア、パタゴニア、ヨーロッパ、ネパールなどを体験します。
ただ、安全のため、国際山岳ガイドの角谷道弘のクラブでは、登山保険の加入が参加条件になっています。
国際山岳ガイドの角谷道弘のクラブは、少人数の教室なので、個人ごとに徹底的に指導してくれます。
無名山塾は、岩崎元郎が1981 年から行っている登山学校ですが、その大阪校を国際山岳ガイドの角谷道弘が指導しています。
さらに現在、国際山岳ガイドの角谷道弘は、日本プロガイド協会会長を務めていて、2000 年には日本テレビの番組で、マッターホルン登頂部のコーチを勤めています。
そして、2 年目以降は、国際山岳ガイドの角谷道弘は、中級コースを指導していて、そこからがこのカリキュラムの醍醐味となっています。
なお、国際山岳ガイドの角谷道弘のクラブの入会条件として、10kg ほどの荷物を持つことができ、体力、気力がある人が条件となっています。

国際山岳ガイドの角谷道弘は、山が好きで、やる気、情熱があれば良しとしていて、彼のクラブでは、年齢は関係ありません。
今現在、国際山岳ガイドの角谷道弘は、大阪で登山教室ビスタリクラブを開催しています。




posted by キャット7号 at 06:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1477
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:01 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの収入


国際山岳ガイドの資格に関しては、ガイド連盟の認定資格から、里山案内人まで、レベル別に色々と分かれています。
なんとか生活はできる程度で、収入が少ない国際山岳ガイドが圧倒田的で、年収1千万のガイドなどは、極稀です。
いずれにせよ、高い技術を持つ国際山岳ガイドでも、参加者のレベルや目的に合わせた対応が求められることになります。
また、国際山岳ガイドは、技術や体力についてもアドバイスをしていき、何より、安全を第一に考えなければなりません。
そして、国際山岳ガイドは、お客の行動や体調に目が届くよう、完全少人数制となっています。

国際山岳ガイドになるには、机上と実践を通して、登山、クライミング、アイスクライミングなどの技術や知識を系統立てたカリキュラムの講習を受けなければなりません。
国際山岳ガイドの定員については、ガイド協会設定のガイドレシオに基づいて規定されています。
そして、国際山岳ガイドになるには、各地の山岳ガイド協会の資格認定試験を受験してそれに合格しなければなりません。
ここでの国際山岳ガイドのコースは、マウンテンとアルパインの2つがあって、入校するには年齢制限や登山経験が必要になります。
雲や風の流れで天候を読む力、そして山地図とコンパスを使って山を自在に迷わずに歩ける技術などが、国際山岳ガイドには求められます。
また、お客の体調不調や怪我に対応できる応急救助や医療知識なども、国際山岳ガイドは持っていなければなりません。




posted by キャット7号 at 06:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1476
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 05:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの仕事内容



国際山岳ガイドの仕事内容は、お客を安全に、そして、山をルート案内することにあります。
そして、夫婦や友人単位でも、国際山岳ガイドは案内を実施していて、仕事内容はとても充実しています。
また、ツアーや公募のリスクがなく、国際山岳ガイドの仕事内容は、現地での行動に融通がきくという利点があります。
さらに、各種アウトドアイベント、野外レクリエーションの企画・運営なども、国際山岳ガイドの仕事内容に含まれます。
要するに、国際山岳ガイドの仕事内容は、それぞれのお客にあわせた計画を立てて、満足してもらえる努力をする必要があります。
そうしないと安全な登山はできないので、国際山岳ガイドの仕事内容は、お客の夢を実現するため、自らがパートナーとなり、仲間にならなければなりません。
とにかく国際山岳ガイドの仕事内容は多岐にわたり、登山、山スキー、山ボードツアー等のガイド、フラワーウオッチングなど多彩です。
国際山岳ガイドの仕事内容で重要なことは、山登りはお客自らで登ってもらうことを認識してもらうことです、
つまり、国際山岳ガイドの仕事内容は、ガイドが引っ張り上げるものではないということです。
自然は初心者にもベテランにも同じように接するので、国際山岳ガイドは、初心者だから悪天を手加減してくれるものではないことを教えなければなりません。
ヨーロッパアルプスでは、国際山岳ガイドは、ガイドレシオを順守することが強く求められます。




posted by キャット7号 at 05:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1475
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 05:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの資格

国際山岳ガイドをするには、資格が必要で、その規定に沿った試験を受ける必要があります。
そして、国内外を問わず第一級の登山、クライミングを長年にわたって実践している経験や実力があることが国際山岳ガイドのプロと言えます。
また、国際山岳ガイドの資格取得者は、高難度のフリークライミングからヨセミテのビックウォール、ヨーロッパの北壁、ヒマラヤの大岩壁まで経験している人が多いです。
そして、国際山岳ガイドの暫定資格の取得をした後は、4年以内にガイド資格を取得しなければなりません。
ただ、一流クライマーだからと言って、優秀な国際山岳ガイドとは限りません。
まず、国際山岳ガイドの資格取得にあたっては、優秀なガイドは、一流クライマーであることを認識すべきです。
まず、国際山岳ガイド行為を行う場合は、資格を取得して、国際ガイドの証であるワッペンやバッジをザックやジャケットなど見える位置につける必要があります。
ロープワークひとつとっても、プライベート山行と国際山岳ガイドのガイディングでは違うことを知らなければなりません。

国際山岳ガイドの資格を生かすには、しっかりとした実績と優秀ながいディングが求められます。
常に新しい技術を学ぶことで、国際山岳ガイドとしての安全で確実なガイドを実践することができます。
基本的に、国際山岳ガイドの資格研修課程は、日本国内で季節を問わず、全ての山岳ガイド行為を行うことが出来ます。




posted by キャット7号 at 05:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1474
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 05:33 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドとは


一般には、国際山岳ガイドは、プライベートガイドと称して、ガイド登山の基本的な形態をとります。
そして、最近では、国際山岳ガイドは、豊富な山行経験を有するガイドによって、優美な世界の山々を紹介したりもします。
まず、そこで、国際山岳ガイド連盟の目的と、山岳ガイドの責任についてなどを確認するといいでしょう。
蓄積された知識、技術をもとに国際山岳ガイドは、山岳地を含むフィールドで、顧客をリードしていきます。
そして、国際山岳ガイドは、アウトドア市場に提案されていて、新たなガイド業の形態として支持されつつあります。
1965年、スイスのツェルマットで、イタリア、スイス、フランスとオーストリアの国際山岳ガイド協会代表者の会議が開かれ設立されました。
国家機関との関係強化や、山岳ガイドの位置付けの統一化などの役割を国際山岳ガイド連盟は果たしています。
また、国際山岳ガイド連盟では、メンバー国と第三者間、もしくはンバー国同士の争議の相談機構なども取り計らっています。

国際山岳ガイドは、企画山行と称されていて、全国的にも定着しつつある状況です。
合理的な登山企画なども、国際山岳ガイドが積極的に行い、お客がよりエンジョイできるよう尽力します。
そして、国際山岳ガイド連盟では、山岳ガイドの養成方法の統一化も試みています。
その後、公益社団法人日本山岳ガイド協会が、国際山岳ガイド連盟に加盟しています。




posted by キャット7号 at 05:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。