2012年08月13日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1475
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 05:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドの資格

国際山岳ガイドをするには、資格が必要で、その規定に沿った試験を受ける必要があります。
そして、国内外を問わず第一級の登山、クライミングを長年にわたって実践している経験や実力があることが国際山岳ガイドのプロと言えます。
また、国際山岳ガイドの資格取得者は、高難度のフリークライミングからヨセミテのビックウォール、ヨーロッパの北壁、ヒマラヤの大岩壁まで経験している人が多いです。
そして、国際山岳ガイドの暫定資格の取得をした後は、4年以内にガイド資格を取得しなければなりません。
ただ、一流クライマーだからと言って、優秀な国際山岳ガイドとは限りません。
まず、国際山岳ガイドの資格取得にあたっては、優秀なガイドは、一流クライマーであることを認識すべきです。
まず、国際山岳ガイド行為を行う場合は、資格を取得して、国際ガイドの証であるワッペンやバッジをザックやジャケットなど見える位置につける必要があります。
ロープワークひとつとっても、プライベート山行と国際山岳ガイドのガイディングでは違うことを知らなければなりません。

国際山岳ガイドの資格を生かすには、しっかりとした実績と優秀ながいディングが求められます。
常に新しい技術を学ぶことで、国際山岳ガイドとしての安全で確実なガイドを実践することができます。
基本的に、国際山岳ガイドの資格研修課程は、日本国内で季節を問わず、全ての山岳ガイド行為を行うことが出来ます。




posted by キャット7号 at 05:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。