2012年08月19日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1481
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 06:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際山岳ガイドになりたい場合



国際山岳ガイドの資格を取得すれば、連盟加盟国において、その加盟国の法律に反しない範囲で、全ての山岳ガイド及びインストラクター行為ができます。
登攀ガイドについても、国際山岳ガイドとは違い、これは日本国内で季節を問わず全ての山岳ガイド行為ができるというものです。
その後、晴れて、国際山岳ガイドとして登録するという流れになるので、なりたい人は、そうした手順を踏まなければになりません。
そして、各地の協会の資格認定試験を受験して、国際山岳ガイドに合格しなければなりません。
そして、高い技術を持つ国際山岳ガイドであっても、参加者のレベルや目的に合わせた対応が要求されることになります。
この場合、国際山岳ガイドと違って、岩壁と氷壁登りは最高ピッチグレード三級以内で構成されていて、かつ最大4ピッチ以内の登攀ルートとなっています。
思い切って未知の扉を開けば、国際山岳ガイドになりたいという夢を叶えられるでしょう。
まず国際山岳ガイドになりたいと思っている人は、登山経験を積むことが大事で、アルパインガイド養成学校や民間のアウトドア専門学校などで知識と技術を養うことです。

国際山岳ガイドで有名な鈴木昇己さんは、多くの人から信頼されて25年の実績があるので、彼の教室では、色んなプランがフルサポートされています。
頑張って国際山岳ガイドになることができれば、そこには大きな喜びと感動があり、新しい発見を見出すことができます。




posted by キャット7号 at 06:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。