2012年12月06日

絵本作家の学校


絵本作家養成の学校については、さらに色々調べてみると、詳しい情報が得られると思いますから、要チェックだと思います。

絵本作家を養成する学校というのも、これまた色々な種類の学校があるみたいなんですよね。
大学や短期大学でも、美術系やデザイン系の専門のコースがある学校などでは、絵本作家になる勉強ができるそうです。
学校によっては、絵本の出版社や製作デザイン会社などへの就職相談をしてくれるところもあるようなので、個人で絵本作家デビューするより心強いかもしれません。
また、入ったあとも、ちゃんと絵本作家として活動していくにはどうしたらいいのかという就職相談なんかをしっかりしてくれる学校を選びたいところ。
協賛企業が主催するコンテストに応募し、そこで賞をとるなどして、絵本作家になるという方法もあるようです。
調べてみたところによると、絵本作家として活動するには、それこそ色んな方法があるようで、一概にまとめてしまうことは出来ないようです。
早いうちから絵本作家を目指している場合には、高校卒業と同時に専門学校への進学をすることで作家になるための勉強をすることが出来る場合もあります。
確かに、美術系やデザイン系の大学に入学しようと考えたときには、なんとなく、実技面で試験勉強が必要なイメージがありますよね。
ですから、そうした絵本を書いている絵本作家には、実際お会いすることはなくとも、自然と懐かしいイメージが湧いてしまうような気がします。
とはいっても、そこまで厳密な呼びわけがあるわけではなさそうですから、絵だけを描いている人も絵本作家には違いないんでしょうね、きっと。




posted by キャット7号 at 00:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1575
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:38 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本作家のアトリエ


「ぐりとぐら」や「だるまちゃん」なんかの有名な絵本についても、触れられているのが、絵本作家のアトリエ1巻のよう。
きっと、そういう大人が自分の子どもに、自分が昔読んでいた絵本作家の絵本を読み継いでいくんじゃないかなと思うんですが、どうなんでしょうか。絵本作家が色々な絵本を生み出してくれたおかげで、私たちは色んな絵本を読むことが出来ますよね。
世代を超えて、同じ絵本作家の絵本作品を共有できるというのは、なんだかとてもロマンのある話じゃないでしょうか。
「母の友」に連載中の写真つきインタビューを単行本化したものが、絵本作家のアトリエだそうで、全3巻の刊行予定だとか。

絵本作家といえば、この度、数々の作家の絵本を生み出したことで有名な福音館書店が創業60周年記念だそうです。
絵本作家たちがこの道を志したきっかけやその過程、絵本創作のあれこれについて、語ってくれているようです。

絵本作家のアトリエ1巻に収録されている10名は、いずれ劣らぬ日本の絵本界を代表する大御所のようですから、一見の価値ありだと思います。
昔読んでいた作品を書いていた絵本作家のインタビューを読んでみると、作品への見方もまた変るかもしれませんし、読んでみると面白いと思います。
現在まで活躍している絵本作家もその中にはいますし、絵本や児童書に関心のある方や小さいお子さんをお持ちの方などには、ぜひオススメできると思います。




posted by キャット7号 at 00:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

絵本作家になるには

絵本作家といえば、絵本を作ることを仕事にしている人のことを言うんだろうな、と何となく想像がつきますよね。
小説のような文学作品なんかだと何か賞に応募して、そこからデビューなんていう話を聞きますから、絵本作家もそうなのかと思っていましたから、少し意外でした。
少し調べてみたところ、絵本作家になるには、幾とおりもの方法があるということが分かりました。
絵本作家と聞くと、なんだか女性が多いイメージがあるのですが、実際はどうなんでしょうね。

絵本作家には、なんとなく夢のある仕事というイメージがあるせいか、なりたがる人も結構いそうな気がします。
心揺さぶられる絵本に出会うと、自分も絵本作家になって、こんな絵本を作りたい、と思うのは、自然な流れとしてあることだと思うんですよね。
とはいっても、これは、あくまでもプロの絵本作家になって、生計を立てると考えた場合のようです。
そんな身近な絵本を作っているのが絵本作家ですが、実際どんな仕事のことをいうのでしょうか。
私も個人的な経験として、いい絵本に出会うと絵本作家になって、こんな絵本が作れたらな、と思うことがありますから。
自費出版で絵本を作成して、書店と委託契約を結ぶなんていう方法も、絵本作家になる方法としては、ありですよね。
まずはアマチュア絵本作家になって、キャリアを積むのであれば、きっと、他にも色んな方法があるのだと思います。




posted by キャット7号 at 00:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

絵本作家の収入


原稿料っていうと多分、雑誌なんかに掲載させるような挿絵や見開きなどの単発の原稿について、絵本作家に払われるお金のことだと思います。
どうやら、多くの場合で絵本作家と呼ばれているのは、絵本の文章を書いたり、あるいは絵と文章の両方をかいたりしている人のことのよう。
とはいっても、絵本作家の収入について、がっかりしてしまうのは、早いかもしれません。

絵本作家になりたいと思った場合に、かなりの割合で重要なのが、収入がどんなものなのか、ということじゃないでしょうか。
絵本というと子ども向けのイメージが根強くありますが、実際には、大人でも楽しめる絵本というものも、多数あるようなんです。
他の文学作品なんかでもそうですが、きっと売れれば売れるほど、絵本作家のもとにも印税が入るって事なんだと思うんです。
なんでも、絵本作家の収入というのは、主に原稿料と印税とで成り立っているようですね。
というわけで、気になる絵本作家の収入の内訳がどんな風になっているのかを少し調べてみました。
どこか出版社に勤務しているのなら、給料というかたちの収入があるのかもしれませんが、多くの絵本作家はフリーで活動しているみたいですから、なおさらです。
絵本作家の場合、小説などのように何百万部などの売り上げはなかなか難しい一方で、売れると長いのが特徴のようです。
聞くところによれば、生計を立てるために兼業をしている絵本作家も珍しくないとのことですし。
その他にも、絵本作家についてのあれこれは、インターネットにも情報があるようですから、調べてみると参考になりそうです。




posted by キャット7号 at 00:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

絵本作家とは


じゃあ、絵だけ描いている人は絵本作家とは言わないのか、というのは、ちょっと気になるところですね。
ですから、絵本作家は、子どもだけではなく、大人も視野に入れて絵本を作るのかもしれませんね。
何でも、絵本作家といっても、絵本の文を作る人や絵と文を作る人のことを言うらしいとのこと。絵本作家と聞くと、なんだかとても身近で親しみのあるイメージされるのは、私の思い違いではないと思います。
なんでも、絵本の絵だけを担当する場合には、絵本作家とは言わずに、絵本画家といわれるそう。
いずれにしても、絵本を表現方法として、子どもたちや時には大人たちにも元気を与えてくれるのが、絵本作家だと思います。
確かに、大人であるとか子どもであるとか関係なくいい絵本というものはあると思いますし、子どもの頃に一度読んだ本も大人になってからだとまた見方が変って面白いですよね。
色々と調べてみると、絵本作家への道が見つかると思いますから、チェックしてみたいと思います。
とはいっても、やはり絵本作家は、男性よりも女性からの人気の高い職業だというのは、たしかなようです。
個人的にも、昔から見てきた絵本には、女性の絵本作家の名前がクレジットされているものが多いような印象。
つまり、絵本作家といわれるためには、文章を書いているということが重要ということなんでしょうかね。




posted by キャット7号 at 00:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。