2012年12月02日

絵本作家とは


じゃあ、絵だけ描いている人は絵本作家とは言わないのか、というのは、ちょっと気になるところですね。
ですから、絵本作家は、子どもだけではなく、大人も視野に入れて絵本を作るのかもしれませんね。
何でも、絵本作家といっても、絵本の文を作る人や絵と文を作る人のことを言うらしいとのこと。絵本作家と聞くと、なんだかとても身近で親しみのあるイメージされるのは、私の思い違いではないと思います。
なんでも、絵本の絵だけを担当する場合には、絵本作家とは言わずに、絵本画家といわれるそう。
いずれにしても、絵本を表現方法として、子どもたちや時には大人たちにも元気を与えてくれるのが、絵本作家だと思います。
確かに、大人であるとか子どもであるとか関係なくいい絵本というものはあると思いますし、子どもの頃に一度読んだ本も大人になってからだとまた見方が変って面白いですよね。
色々と調べてみると、絵本作家への道が見つかると思いますから、チェックしてみたいと思います。
とはいっても、やはり絵本作家は、男性よりも女性からの人気の高い職業だというのは、たしかなようです。
個人的にも、昔から見てきた絵本には、女性の絵本作家の名前がクレジットされているものが多いような印象。
つまり、絵本作家といわれるためには、文章を書いているということが重要ということなんでしょうかね。




posted by キャット7号 at 00:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。