2012年12月08日

児童絵本作家とは

児童絵本作家の方々って、ほんと皆さん、感性が豊かなんですよね。
だから、声優さんなんかは児童絵本作家に向いているのだそうですよ。
ほら、時々、私たち素人がみると、こんな絵のどこがいいのよとかって思う事ありませんか。
それと同じで、児童絵本作家の方々の描く絵というのは、大人が見ると大した事なくても、子供場見るといいと思えるような絵なんでしょうね、きっと・・・。
というより、感性が豊かでなければ子供たちが喜ぶような物語は作れません。
そして、絵本の中のあの絵が素敵だと思えた時代が私たちにもあったんですよ。
それに、最近は大人の喜ぶ絵本というのも結構話題を集めていますからね。
けれど、やはり大抵の方は、自分で作ったお話に自分で描いた絵を添えて一冊の本にするというパターンです。
それを思うと、その幼い頃の感性をずっと大人になってからも持ち続けていられる児童絵本作家の方々って、素敵だなぁっと思いますね。

児童絵本作家というのは、絵もそうですが、物語を作る才能にも優れていなければなりません。
それこそメルヘンの世界だけが児童絵本作家じゃないとも言えるでしょう。
となると、児童絵本作家の方々がお持ちの豊かな感性というのは、物語作りの方にも生きて来る訳です。




posted by キャット7号 at 01:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。