2011年07月29日

一般職業適性検査

職業適性検査は、中学生から大人までの幅広い世代が活用することの出来る検査です。
進路問題に悩む中高生にとって、職業適性検査は良い指針となってくれるかもしれませんね。
その職業適性検査から、将来の職業を見つける人も少なくないみたいです。
職業適性検査から一念発起し、思い切って転職なんて事もあるかもしれません。
テスト形式ではなく、楽しんで解ける問題が職業適性検査には用意されているのです。
職業適性検査がきっかけで、自分の転職とも呼べる職業を見つけることができるかもしれません。
厚生労働省が展開する一般職業適性検査は、主に中学生から専門学校生までをターゲットとして行なわれているようです。
一般職業適性検査を感覚的に言うと、感性で解く問題と言ったところでしょうか。
厚生労働省の職業適性検査は有料となっていますが、これを学校で受けたことのある方も多いのではないでしょうか。
学校側としても、職業適性検査のような明確に数値として現れる試料は活用し易いのでしょう。
更に、再就職の際にも職業適性検査は一役買ってくれそうですね。
自分がどういった分野の人間で、どのような思考偏重にあるのかを、職業適性検査は客観的に分析してくれます。
しかし、リーズナブルなので職業適性検査を受ける上で大きな障害とはならないでしょう。




posted by キャット7号 at 14:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。