2011年09月24日

雇用保険加入の義務


しかし、条件を満たさなければ雇用保険加入しなくて良いということなので決して違法行為を勧めている訳ではない。
だから、事業者側が働く人を雇った時必ず雇用保険加入をしなければいけない「義務」なのだ。
会社側にしてみればあくまでも会社としての都合で雇用保険加入の義務を行使するかしないかを決めていることがほとんどなのだから。
失業した時に失業給付金なるものを貰えるのだが、全額国が出してくれるものではない、にも関わらず雇用保険加入をすればそれなりの保険金を負担しなければならない。雇用保険加入をすることは常用的且つ一定期間働く場合において、仕事をする側と仕事をさせる側双方に義務付けられている制度だと言う。
雇用保険加入したからといって、失業給付金が貰えるという保障もないのに、とにかく保険金の一部を負担せよと言っているようなものだ。
もっとも、どうせ失業した時に失業給付金が貰える可能性が少ないと予想されるなら雇用保険加入をしない方法もある、でも義務逃れではない。
雇用保険加入にはそれなりの要件というか条件がある。
何のためにかといえば、働く者が失業した時に金銭的な不自由を味わないようにとの国が親切な制度を作ってくれているのだ。
出来るものなら雇用契約を結ぶ時点で雇用保険加入の件をどうするかきっちりと取り決めをするようにしておいた方がいい。




posted by キャット7号 at 23:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。