2011年10月22日

調理師免許とは


確かに、腕のいいコックさんとなると調理師免許を絶対持っているようなイメージがありますよね。
いわば調理師免許は調理師の基本をマスターした証でもあるので、持っていて損はありません。
まず調理師免許を取るために、自分にはどの方法が一番適切なのか考えてみましょう。
ですが開業する際は、調理師免許が絶対に必要不可欠という訳ではなく、食品衛生責任者の資格を持って入れば開業する事ができます。
一般の人の過半数は、調理場で働いている料理人全員が調理師免許を持っていると勘違いしています。
なにより、調理師免許を持っている事で自分が調理に関する知識と腕がある事が証明されますしね。
分かりやすく言えば、調理師免許を取得して始めて正式な調理師として認められるのです。
こちらも持っていて損はないですよね、フリーターならアルバイトで資格が生きてくるでしょうし、主婦でもパートで資格が生きてきます。

調理師免許を取得しようとする人は、学生に限らず主婦やフリーターの方にも多いようです。
あと漫画や小説、テレビ番組の影響で調理師になりたいという方もいるようですね。
今回は、調理師免許について詳しく解説していきたいと思います。




posted by キャット7号 at 04:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。