2011年10月23日

調理師免許の試験内容

調理師免許試験をこれから受験しようと思っている方は、試験内容を十分に把握していますか。
調理師免許試験の試験時間は120分で、全科目の平均点が6割なら合格となります。
7科目をまんべんなく勉強し、見事調理師免許を取得して、夢の職業につけるよう頑張っていきたいですね。
なので今回は、調理師免許試験の試験内容と、各出題科目の割合をご紹介したいと思います。
逆に考えれば、一科目でも6割を切ってしまうと不合格になりますので、問題数が少ない科目に注意しましょう。
では、調理師免許試験の各科目の出題割合についてご紹介します。
基本といえど、調理理論では調理器具や献立作成まで幅広く問われます。
調理以外の事も直接調理師に関係してくるので、そういった知識も調理師免許試験では必要とされます。
勉強よりも実技の方が得意な人にとっては少々大変かもしれませんが、がんばっていきましょう。
調理師免許試験の詳しい試験内容に関しては、サイトやブログを参考にして情報収集をしてみましょう。
全体の30%を占めている科目は、調理理論です。
次に調理師免許試験の出題割合が高いのが、20%の食品衛生学です。




posted by キャット7号 at 04:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。