2011年10月24日

調理師免許試験の合格のコツと合格率の秘密


毎日コツコツと勉強を重ね、がんばった人が調理師免許試験に合格できるのです。
つまり、自分の都道府県の合格率を知っておけば有利になります。
調理師免許に関しては、サイトやブログなどを参考にして情報を集めてみましょう。

調理師免許試験は七科目に分かれており、出題範囲がかなり広いのが特徴です。
例えば世界各国の食文化や、食品の衛生管理など、調理に直接は関係ありませんがそういった知識も調理師免許試験では出題されるのです。
はっきり言って、一夜漬だけで合格するのは無理でしょう。
調理師免許試験は、全科目6割以上の点数を取らなければいけないので、問題数の少ない科目は注意が必要です。
調理師免許試験の出題科目の割合としては、調理理論が全体の30%と高めなのでしっかりと押さえておくのがいいと思います。
つまり10人に6人くらいが合格する計算ですが、さらっと勉強しただけで調理師免許試験に合格する事はできません。
答えは、バラバラです。
なら、都道府県毎の調理師免許試験の合格率では、どういった数値が出るのでしょうか。
合格率が高い県というのはすなわち、調理師免許試験内容が他と比べ、簡単な可能性が高いからです。

調理師免許試験の合格率は全国では60%〜70%です。




posted by キャット7号 at 04:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。