2011年10月25日

調理師免許の試験日


今回は調理師免許試験日の詳細と、詳しい受験資格についてご紹介します。

調理師免許試験の試験日は、各都道府県によって異なります。
旅館や簡易宿泊施設での調理実務も認められているので、そういった所で修行を積んで調理師免許試験を受験するのもいいのではないでしょうか。
次に、旧制国民学校高等科修了者、旧制中学校2年課程修了者と 各種外国人学校中等部卒業者である事です。
調理実務経験年数は結構勘違いしやすいので、調理師免許試験を受験する際には、自分が何年間調理実務に就いていたのか覚えておきましょう。
調理師免許受験資格による調理実務とは、飲食店などで助手や見習いを2年、又は5年経験しているという事を指します。
調理師免許試験は基本的には年に一回、例外として都市部の方では二回実施されます。
この調理実務経験年数が足りていないと、調理師免許試験を受験する事ができないので注意しましょう。
ちなみに調理実務経験ですが、継続して1回に20食以上もしくは1日50食以上調理する施設であることが挙げられます。
場所に関しては、各地域の大学などを借りて試験を行う場合が多いようです。

調理師免許試験の受験資格についてご紹介します。




posted by キャット7号 at 05:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。