2011年12月24日

第2新卒の転職状況


就職先を求めているという点では同じですが、通常の新卒者と第2新卒者は、少し事情が異なるようです。
だからこそ第2新卒者は注目されている、ということもいえるでしょうね。
第2新卒者の転職が今より受け入れられるようになれば、若い働き手としても選択が広がることになるでしょう。
普通、新卒とは、例えば大学を卒業して初めて就職する人たちのことを指しますが、第2新卒は違います。
一度就職したのなら、何故改めて第2新卒として、転職を希望するのでしょうか。
私を含めて、そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、第2新卒者は増加傾向にあるということも聞いたような気がします。
もちろん、新卒の段階で、天職を見つけられる人がいるのならば、それは素晴らしいことです。
第2新卒者の皆さんも、新卒であった時期があるわけです。

第2新卒者は、雇う側としては以前に働いていた職場の影響が少ないので、中途採用する社員としては扱いやすいともいわれています。
確かに十数年他社で働いていると、自社の環境に馴染むかどうかというリスクもありますからね。
そういう面では、第2新卒者たちは、若い戦力として注目せざるを得ないでしょう。
それでは、どうして第2新卒は増加しているのでしょうか。




posted by キャット7号 at 15:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。