2012年02月23日

ビジネス実務法務検定の難易度

ビジネス実務法務検定は、まだまだ試験資格として歴史が浅いです。
その理由については、ビジネス実務法務検定という原石の中に幾つも考えられる要素があり限定するのは難しいです。
それでも何か一つ、と言われるなら会社の盾としての役割ではないでしょうか。
ダメな意味での盾ではなく、ビジネス実務法務検定という名称からも分かるように法律で会社を外部からの攻撃に対して守ります。
ただ、あくまで漠然と法律カテゴリーで分けた話なので必ずしもビジネス実務法務検定の勉強が他の資格試験で役立つとは限りません。
もちろんビジネス実務法務検定の上位級を持っていれば評価される事はありますが、即ち即戦力という訳ではありません。
資格としてビジネス実務法務検定が有効になってくるのは二級からと言われ、ここを目指している方が最も多いのではないでしょうか。
入門レベルというのは伊達ではなく、三級合格はそう難しくないでしょう。
ビジネス実務法務検定二級までなら努力次第で合格が見えてくるとも言われ、転職や就職を考えている方は取得リストに入れてみて良いかもしれません。
それでも、法律に関して基礎以上の事が出来ているであろうビジネス実務法務検定一級取得者なら他の受験者に比べかなり有利な位置にいると言えます。

ビジネス実務法務検定の一級が取得できるレベルにいるなら、一般に難関と言われる法律関係の国家試験に受けてみると良いかもしれませんね。




posted by キャット7号 at 01:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。