2012年02月28日

ビジネス実務法務検定の合格率

ビジネス実務法務検定のような試験を受験する際、多くの受験者が気にすることといえば何でしょう。
資格試験と検定試験という大きな違いを無視するほどの接点として、ビジネス実務法務検定も司法試験も法律を扱うものという共通項があります。
ビジネス実務法務検定の前に参考として、日本一難しい試験と言われる司法試験の合格率は2パーセント程度と言われています。
ビジネス実務法務検定の中で最も難しい一級に関しても数パーセントはあり、試験レベル的にも司法試験と比べるものではありません。
自分の教養を深める意味で、ビジネス実務法務検定を受験する方もいるようですね。
これは思っている以上に意味のある接点で、法律に関する勉強をしている人はビジネス実務法務検定の勉強もしやすいのです。
尤も、ビジネス実務法務検定も三級に限って言えば高い合格率から分かるように特別な環境は必要とされません。

ビジネス実務法務検定の紹介で何故司法試験の例を出したか、もちろん適当に選んだ訳ではありません。
試験カテゴリーとして、司法試験とビジネス実務法務検定は近い立ち位置にいるのです。
具体的な合格率は、各試験回によって差が出てくるため言いあぐねますがビジネス実務法務検定三級なら80パーセントほどの合格率と考えられます。
ビジネス実務法務検定二級になると、今まで高いと思っていた合格率も急降下して僅か30パーセント程度となってしまいます。
それでも、法律という特殊な分野の勉強をする際に未経験の方と比べ有利なのは間違いなくビジネス実務法務検定合格も少しだけ近いでしょう。




posted by キャット7号 at 01:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。