2012年04月21日

宅建勉強法を選んで資格取得

宅建勉強法を考えるにあたり、まずチェックしておきたいのが試験当日まで何日残されているかという事です。
ただ漠然と市販されているテキストを解いていても、合格できるかどうかは微妙です。
難関と言われる試験の一歩手前とはいうものの、やはり総合的な難易度で言えば高めに設定されており宅建勉強法の質が問われるものです。
これを確認しておけば試験まで残り何日というのも容易く分かり、宅建勉強法の目安となります。
因みに宅建の試験は年に一度開催されるので、宅建勉強法も一年以内の実践を目安にする方が多いようです。
思い立ったが吉日とばかりに宅建勉強法を始めてみても、次の試験は来年なんて事になっては仕方ありませんからね。

宅建勉強法を独学で何とかするためには、相当の工夫を要します。
独自の宅建勉強法で知識は十分備わったのに試験対策が出来ていなくて不合格、というケースは少なくないようです。
これは極端な例なので、現実に宅建勉強法で覚えたことをすぐに忘れてしまうような事はないでしょう。
幾ら宅建勉強法として優れていると言われても、試験の翌日に勉強した事のほとんどを忘れてしまうようなものは少々問題です。
独学と比べなくても、決して安く済むものではありませんからね。




posted by キャット7号 at 10:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。