2012年05月27日

医師派遣と厚生労働省


医師派遣は厚生労働省にとっては、苦渋の選択だったようなのですが、医師不足が深刻な問題になっている、今では時代に合わせていくほかなかったようです。
厚生労働省では医師派遣について、あまり前向きに考えてはいなかったそうなのですが、時代の変化とともに認可したのです。
もともと医師派遣が厚生労働省に認可された経緯には、医師不足が地域によってはかなり深刻になってきていたという事実もあるのです。
厚生労働省も最初の頃は、認可を渋っていたのですが、働き方の自由や医師不足解消が行えることから認可したのが医師派遣です。
そのために厚生労働省は医師派遣を認可したわけですが、それは厚生労働省が危惧していたようなことにはならず、医師にも患者にも最良な結果となったのです。

医師派遣が行われるようになってから、医師は自由に働き方を選べるようになり、患者も医師がいないということに不安を感じることがなくなりました。
それだけ医師が都心部に集中してしまい、地域によっては医師不足が慢性的となり、医師派遣に踏み切ったと言ってもいいのです。

医師派遣が認可されるまでは、厚生労働省が医師の働き方に不安を抱き、まともな診療が行われないのでは、という不安もあったようです。
まさに医師には新しい働き方を、患者には医師不足の不安を和らげてくれたのが、厚生労働省が認可した医師派遣なのです。
また厚生労働省も医師派遣に関しては、かなり慎重に検討して決定したわけですから、現在でも厚生労働省の認可がなければ派遣会社を設立することはできません。




posted by キャット7号 at 16:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。