2012年06月24日

高校生アルバイトに関する法律


そういう事情もありますからアルバイトを始めたいと思っても、まずは法律では両親と学校の許可が必要なのが高校生アルバイトです。

高校生アルバイトが法律で守られているということがわかったのであれば、安心して働くことができそうですね。
雇用主が「高校生だとは思わなかったから」と高校生アルバイトを危険な仕事につかせたりしないようにするためです。
ただし高校生アルバイトは未成年になりますから、履歴書と一緒に年齢証明書が必要になってくるそうなのです。

高校生アルバイトは労働基準法という法律で未成年が働ける時間が決まっていますから、いくら時給が良くても深夜は働くことができません。
また法律の中で決められていることは、高校生アルバイトは両親と学校の許可がなくては基本的には働くことができないのです。
ですから高校生アルバイトの場合であっても、職場で怪我をしたのならば、労災での治療になっていくのです。
高校生アルバイトは法律でかなりしっかりと守られているのですから、法律に触れるようなことはしないようにしましょう。
やはり時給がいい高校生アルバイトであっても、20歳以上の大学生やフリーターに比べれば時給は低くなっていることが多いのです。
そこでやはり募集があったのならば、どのような仕事をするのかなどをきちんとチェックしておきたいのが高校生アルバイトです。




posted by キャット7号 at 21:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。