2012年12月11日

絵本作家の講演会


やっぱ感性が豊かなので、口語を使っていても、すごく表現力があるというかなんというか・・・。
講演会の話も、何気ない日常生活から自分がプチ発見した事を、まるで子供に読み聞かせするように上手に語りかけるような感じでね。
流石は絵本作家のエッセイ集という感じで、挿絵がとにかく綺麗だという事でね。
後、イラストレーター養成学校や美大で講師として活躍している人も多いと聞きました。
という事で、皆さんも一度、そんな絵本作家の講演会や講習会に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
だから、全ての絵本作家の講演会が面白いかというと、決してそんな事はないだろうと思います。

絵本作家というのは、日本でも本当に沢山いると思うんですね。

絵本作家の講演会という事で、流石に親子連れが多く、無料というのもあるのでしょうけど、とにかく会場は超満員でした。
どうやら地元出身らしいのですが、我が町にあんな絵本作家さんがいたとは、これもまた驚きでしたね。
なるほど、そうか、絵本が描けるという事は、絵も描け、且つ物語も作れるという事。
ただただ感心させられて帰って来てしまいましたよ、私にしてみれば、もうビックリです。
それで聞いてみると、この先生、絵本の傍ら、エッセイ集みたいのも出してらして、それが今、大人の男女にかなりウケているのだそうです。




posted by キャット7号 at 01:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1578
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 01:21 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本作家の募集情報


しかも、最近は有り難い事に、そうしたコンクールや絵本作家の募集は、パソコンのブログやサイトで調べ、そのままパソコンで応募出来る事もよくあります。
さもなければ、出版社に入社して、そこで編集者として働きながら絵本作家になるというルートもあるにはあります。
実際、募集の数としては結構ありますし、作品勝負ではなく、こちらは自分自身が作品という謂わば就活の世界。
堅実に絵本作家を目指すという意味でも、決して悪い選択肢ではないと思われます。

絵本作家への最も近道とも言えるのが、毎年講談社が募集する新人絵本作家のコンテスト。
なので、どんどんトライして、絵本作家の道を切り開いて行っていただければなぁっと思いますね。
でも、必ず来年また同じ時期に募集があるはずなので、それが誰かの絵本作家の第一歩になる訳です。
原則として、一生に一度しか応募出来ないコンクールでもありますからね。
ああいうサイトを作るには、当然作品が必要になる訳で、その方面でも新たに絵本作家を募集している事が結構あります。
いくら沢山素晴らしい作品を作っていても、それが世に出回らなければ、趣味の世界であって、絵本作家とは言えないのです。
そういうところから絵本作家への道を歩き始められるかも知れませんね。
中には、優勝すれば、いきなり絵本作家としてのデビューが保証されているなんていうコンクールもありますからね。




posted by キャット7号 at 01:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1577
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 01:16 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気絵本作家とは


こうして考えてみると、人気絵本作家への道というのは、やはり夢と愛に溢れていなければ広がらないんですね。
つまり、人気絵本作家になると、イラストや童話の執筆なども含め、本職以外でもあれこれ稼げるという訳です。
その親子愛が途切れない限り、絵本の受容も途切れる事はないという訳です。人気絵本作家になると、絵を描くだけとか、物語を作るだけなんていうお仕事も入って来れば、講演会やサイン会のお仕事もどんどん入って来るのだそうですね。
後、ごくごく普通のママや保育士さんが、気が付けば人気絵本作家になっていたなんていう事もよくあります。
ですから、当然人気絵本作家として名をはせていられる時期も長いというもの。
それこそ、兼業農家じゃありませんが、兼業絵本作家状態です。
中には出版社でアルバイトをしながら人気絵本作家になったという人も少なくなく、皆さん案外苦労人なんですよね。
だからこそ、あんなに優しい絵や物語が描けるのかも知れないなぁっとも思います。
そんな素敵な人気絵本作家の先生たち、いつまでも頑張って活躍して欲しいと願っています。

人気絵本作家の方々のサイン会や講演会というのがよく、街の図書館などで開かれています。
結構それが当たっていたりなんかするので、やはり絵本というのは、作者の人柄や感性がとてもストレートに現れるものなんだなぁっていつも思いますね。
だから、今でも関連のブログやサイトでそういう絵本の情報を見付けると、ついつい夢中になって読んでしまいます。




posted by キャット7号 at 01:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

児童絵本作家とは

児童絵本作家の方々って、ほんと皆さん、感性が豊かなんですよね。
だから、声優さんなんかは児童絵本作家に向いているのだそうですよ。
ほら、時々、私たち素人がみると、こんな絵のどこがいいのよとかって思う事ありませんか。
それと同じで、児童絵本作家の方々の描く絵というのは、大人が見ると大した事なくても、子供場見るといいと思えるような絵なんでしょうね、きっと・・・。
というより、感性が豊かでなければ子供たちが喜ぶような物語は作れません。
そして、絵本の中のあの絵が素敵だと思えた時代が私たちにもあったんですよ。
それに、最近は大人の喜ぶ絵本というのも結構話題を集めていますからね。
けれど、やはり大抵の方は、自分で作ったお話に自分で描いた絵を添えて一冊の本にするというパターンです。
それを思うと、その幼い頃の感性をずっと大人になってからも持ち続けていられる児童絵本作家の方々って、素敵だなぁっと思いますね。

児童絵本作家というのは、絵もそうですが、物語を作る才能にも優れていなければなりません。
それこそメルヘンの世界だけが児童絵本作家じゃないとも言えるでしょう。
となると、児童絵本作家の方々がお持ちの豊かな感性というのは、物語作りの方にも生きて来る訳です。




posted by キャット7号 at 01:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1576
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:51 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本作家の仕事内容


それと同様に、絵本作家でも、ストーリー作りと作画を一貫してやれば、その印税はどこにも逃げないんですよね。
絵や物語を作るのが苦手でも、絵本作家になれる可能性は十分あるのです。
何故なら、誰かが作った物語を絵本にするための絵を描く仕事というのもあるからです。
最近は、自分の作ったストーリーに、海外のアーティストに絵を付けてもらって出版している絵本作家も多く見られます。
この子供相手という絵本の世界独特の仕事内容が、案外自分の運命を左右したりなんかもするそうですからね。
まあ音楽の世界で言えば、詞を書く作詞家と、曲を付ける作曲家がいるようなものですよ。
そこで、どうしても、絵と文章の両方の才能がなければ絵本作家にはなれないと思われがちですよね。
やはり単純に言えば、お話を作る事と絵を描く事の両方が絵本作家に求められる仕事内容という事にはなるでしょうね。
そう、絵を描くのは好きだけど、お話を考えられないという人でも全然大丈夫。
何故なら、絵本はあくまでも子供、それも幼児を対象にしたものです。

絵本作家の仕事内容に求められるもの、それは絵の才能とお話作りの才能である事は間違いないでしょう。
それに、音楽でも作詞から作曲、そして歌うまでを一貫して自分でやれば、それに伴う印税は全て自分のものでしょう。




posted by キャット7号 at 00:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

絵本作家の学校


絵本作家養成の学校については、さらに色々調べてみると、詳しい情報が得られると思いますから、要チェックだと思います。

絵本作家を養成する学校というのも、これまた色々な種類の学校があるみたいなんですよね。
大学や短期大学でも、美術系やデザイン系の専門のコースがある学校などでは、絵本作家になる勉強ができるそうです。
学校によっては、絵本の出版社や製作デザイン会社などへの就職相談をしてくれるところもあるようなので、個人で絵本作家デビューするより心強いかもしれません。
また、入ったあとも、ちゃんと絵本作家として活動していくにはどうしたらいいのかという就職相談なんかをしっかりしてくれる学校を選びたいところ。
協賛企業が主催するコンテストに応募し、そこで賞をとるなどして、絵本作家になるという方法もあるようです。
調べてみたところによると、絵本作家として活動するには、それこそ色んな方法があるようで、一概にまとめてしまうことは出来ないようです。
早いうちから絵本作家を目指している場合には、高校卒業と同時に専門学校への進学をすることで作家になるための勉強をすることが出来る場合もあります。
確かに、美術系やデザイン系の大学に入学しようと考えたときには、なんとなく、実技面で試験勉強が必要なイメージがありますよね。
ですから、そうした絵本を書いている絵本作家には、実際お会いすることはなくとも、自然と懐かしいイメージが湧いてしまうような気がします。
とはいっても、そこまで厳密な呼びわけがあるわけではなさそうですから、絵だけを描いている人も絵本作家には違いないんでしょうね、きっと。




posted by キャット7号 at 00:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1575
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 00:38 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本作家のアトリエ


「ぐりとぐら」や「だるまちゃん」なんかの有名な絵本についても、触れられているのが、絵本作家のアトリエ1巻のよう。
きっと、そういう大人が自分の子どもに、自分が昔読んでいた絵本作家の絵本を読み継いでいくんじゃないかなと思うんですが、どうなんでしょうか。絵本作家が色々な絵本を生み出してくれたおかげで、私たちは色んな絵本を読むことが出来ますよね。
世代を超えて、同じ絵本作家の絵本作品を共有できるというのは、なんだかとてもロマンのある話じゃないでしょうか。
「母の友」に連載中の写真つきインタビューを単行本化したものが、絵本作家のアトリエだそうで、全3巻の刊行予定だとか。

絵本作家といえば、この度、数々の作家の絵本を生み出したことで有名な福音館書店が創業60周年記念だそうです。
絵本作家たちがこの道を志したきっかけやその過程、絵本創作のあれこれについて、語ってくれているようです。

絵本作家のアトリエ1巻に収録されている10名は、いずれ劣らぬ日本の絵本界を代表する大御所のようですから、一見の価値ありだと思います。
昔読んでいた作品を書いていた絵本作家のインタビューを読んでみると、作品への見方もまた変るかもしれませんし、読んでみると面白いと思います。
現在まで活躍している絵本作家もその中にはいますし、絵本や児童書に関心のある方や小さいお子さんをお持ちの方などには、ぜひオススメできると思います。




posted by キャット7号 at 00:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

絵本作家になるには

絵本作家といえば、絵本を作ることを仕事にしている人のことを言うんだろうな、と何となく想像がつきますよね。
小説のような文学作品なんかだと何か賞に応募して、そこからデビューなんていう話を聞きますから、絵本作家もそうなのかと思っていましたから、少し意外でした。
少し調べてみたところ、絵本作家になるには、幾とおりもの方法があるということが分かりました。
絵本作家と聞くと、なんだか女性が多いイメージがあるのですが、実際はどうなんでしょうね。

絵本作家には、なんとなく夢のある仕事というイメージがあるせいか、なりたがる人も結構いそうな気がします。
心揺さぶられる絵本に出会うと、自分も絵本作家になって、こんな絵本を作りたい、と思うのは、自然な流れとしてあることだと思うんですよね。
とはいっても、これは、あくまでもプロの絵本作家になって、生計を立てると考えた場合のようです。
そんな身近な絵本を作っているのが絵本作家ですが、実際どんな仕事のことをいうのでしょうか。
私も個人的な経験として、いい絵本に出会うと絵本作家になって、こんな絵本が作れたらな、と思うことがありますから。
自費出版で絵本を作成して、書店と委託契約を結ぶなんていう方法も、絵本作家になる方法としては、ありですよね。
まずはアマチュア絵本作家になって、キャリアを積むのであれば、きっと、他にも色んな方法があるのだと思います。




posted by キャット7号 at 00:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

絵本作家の収入


原稿料っていうと多分、雑誌なんかに掲載させるような挿絵や見開きなどの単発の原稿について、絵本作家に払われるお金のことだと思います。
どうやら、多くの場合で絵本作家と呼ばれているのは、絵本の文章を書いたり、あるいは絵と文章の両方をかいたりしている人のことのよう。
とはいっても、絵本作家の収入について、がっかりしてしまうのは、早いかもしれません。

絵本作家になりたいと思った場合に、かなりの割合で重要なのが、収入がどんなものなのか、ということじゃないでしょうか。
絵本というと子ども向けのイメージが根強くありますが、実際には、大人でも楽しめる絵本というものも、多数あるようなんです。
他の文学作品なんかでもそうですが、きっと売れれば売れるほど、絵本作家のもとにも印税が入るって事なんだと思うんです。
なんでも、絵本作家の収入というのは、主に原稿料と印税とで成り立っているようですね。
というわけで、気になる絵本作家の収入の内訳がどんな風になっているのかを少し調べてみました。
どこか出版社に勤務しているのなら、給料というかたちの収入があるのかもしれませんが、多くの絵本作家はフリーで活動しているみたいですから、なおさらです。
絵本作家の場合、小説などのように何百万部などの売り上げはなかなか難しい一方で、売れると長いのが特徴のようです。
聞くところによれば、生計を立てるために兼業をしている絵本作家も珍しくないとのことですし。
その他にも、絵本作家についてのあれこれは、インターネットにも情報があるようですから、調べてみると参考になりそうです。




posted by キャット7号 at 00:10 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

絵本作家とは


じゃあ、絵だけ描いている人は絵本作家とは言わないのか、というのは、ちょっと気になるところですね。
ですから、絵本作家は、子どもだけではなく、大人も視野に入れて絵本を作るのかもしれませんね。
何でも、絵本作家といっても、絵本の文を作る人や絵と文を作る人のことを言うらしいとのこと。絵本作家と聞くと、なんだかとても身近で親しみのあるイメージされるのは、私の思い違いではないと思います。
なんでも、絵本の絵だけを担当する場合には、絵本作家とは言わずに、絵本画家といわれるそう。
いずれにしても、絵本を表現方法として、子どもたちや時には大人たちにも元気を与えてくれるのが、絵本作家だと思います。
確かに、大人であるとか子どもであるとか関係なくいい絵本というものはあると思いますし、子どもの頃に一度読んだ本も大人になってからだとまた見方が変って面白いですよね。
色々と調べてみると、絵本作家への道が見つかると思いますから、チェックしてみたいと思います。
とはいっても、やはり絵本作家は、男性よりも女性からの人気の高い職業だというのは、たしかなようです。
個人的にも、昔から見てきた絵本には、女性の絵本作家の名前がクレジットされているものが多いような印象。
つまり、絵本作家といわれるためには、文章を書いているということが重要ということなんでしょうかね。




posted by キャット7号 at 00:00 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

CADオペレーターで在宅の仕事


今後その道でどこかの企業に就職するつもりがあるならそれもOKですが、在宅の仕事をするためにというのであればね。
少なくとも、土木関連のCADの場合は、何度も何度も下見や打ち合わせに現場へ行かなければなりませんよね。
まあ確かに、建築にしても機械にしても、設計図を書く段階では、大抵のCADオペレーターは、会社に行っていてもオフィス内でのデスクワークになります。
なので、在宅の仕事として完全にNGではないのもまた事実ですからね。

在宅の仕事と一口に言っても、様々な種類やスタイルがあります。
けれど、やはりCADのような専門職で、ましてや在宅の仕事となると、実績がものを言う訳で、まあ仕事がもらえる人というのは限られて来るでしょうね。
それにもう一つ、昨今は機械設計を人件費の安価な海外へ発注するという企業も増えているようです。
ですから、ストレートに申し上げると、ブームに乗って今からCADの資格を取るというのも考え物なのかも知れません。
こうなって来ると、国内における在宅の仕事としてのCADの価値と必要性は益々低くなる訳です。

在宅の仕事の中には、比較的誰にでも出来る仕事が沢山あります。
果たして、どこまでを持って在宅の仕事と言うのかというのが、実に微妙なところです。
女性の方などは、結婚や出産を機に、在宅の仕事としてその技術と経験を活かせればと思われる方も多いんですね。




posted by キャット7号 at 23:50 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1574
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:41 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在宅の仕事で高収入

在宅の仕事というと、家事の合間にコツコツやって、コツコツ稼ぐというのが一昔前の常識でした。
在宅の仕事で本当にこんなにも高収入が得られるのでしょうか。
そんなこんなを考えると、本当に高収入の在宅の仕事で成功するためには、ビジネス関連のブログやサイトでしっかり情報収拾と学習をしてから動いた方がよさそうですね。
まあ少なくとも、携帯電話は手放せないでしょうし、仕事や家事の忙しい人にはやや厳しい在宅の仕事なのではないかと思われます。
20代・30代の所謂働き盛りの世代が脱サラして自宅で始めるケースも多いようです。
そして、一回メッセージを打っていくらという計算ですから、確かに在宅の仕事である事は間違いありません。
でも、いきなり高収入になるかと言えば、かなり微妙だろうと思いますね。
ただ、例えば、怪我や病気で自宅療養中などという人には、中々グッドな高収入になる可能性のある在宅の仕事かも知れませんね。
現在SOHOのような在宅の仕事で高収入を得て、リッチな暮らしをしている人の多くは、この流れで成功されているとか・・・。

在宅の仕事で時給3,000円というのは、大体が実績で得られる収入を時給にして計算すればという事みたいですね。
そこで、近頃はサラリーマンやOLを辞めずに、取り敢えずお小遣いを稼ぐような形で在宅の仕事としてスタートさせるという賢い若者も増えているようです。
ただ、あれなんかでも、実際には1分50円とかっていう計算だから、繋がるまではお金にならないし、繋がっても相手にすぐに切られちゃったら、そこでおしまいなのよね。




posted by キャット7号 at 23:40 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari07.blog105.fc2.com/?m&no=1573
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by キャット7号 at 23:31 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコンを使った在宅の仕事

在宅の仕事というと、昔はお母さんやおばあちゃんがやるクラフト関連、洋裁や手芸、それにラベル貼りなんかの手作業が主流でしたよね。
そう、ITの進化と普及により、世の中全体のビジネススタイルが変わって来ているのです。
誰でも出来る在宅の仕事であるとは謳われていても、実際には、絵や文章を書けるだけの能力がないとね。
でも、今は在宅の仕事と言えば、パソコンを使ったお仕事もいろいろあって、不器用な人でも全然OK。

在宅の仕事として、非常に重宝されるパソコンスキル、どういうものがあればOKなのでしょうか。
まあ実際、会社として正式に立ち上げ、始動させるには、それなりの手続きなんかも要りますから、いくら在宅の仕事でも資本金0という訳にはいかないでしょうけどね。
取り敢えず多く見られる在宅の仕事としては、データ入力や文章作成、それにイラストの作成と言ったところでしょうか。
立派なビジネスとして成り立つ訳で、考えてみれば、資本金0でも、パソコンさえあれば会社が出来ると言う事にはなりますね。
まあそれも、あくまでも最低限、文字入力とエクセルやワード位は使えないと在宅の仕事としては厳しいだろうけど、それは訓練と慣れでどうにでもなるものですからね。
ただ、そういうパソコンを使った在宅の仕事情報を集めるのに適したブログやサイトは沢山ありますから、是非チェックされるといいのではないでしょうか。
ただし、こういう在宅の仕事は、昔のように新聞の求人欄や主婦向けの週刊誌の片隅に掲載されていない事が多いんですよね。




posted by キャット7号 at 23:30 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

稼げる在宅の仕事の探し方


実際に会う約束をして、デートをしてこそ初めて稼げる仕事になるという話を何度か聞いた事があります。

在宅の仕事でいきなり稼ごうとか、稼げる仕事を探そうというのは少々虫がよすぎるし、危険かも知れません。
大体世の中というのは基本的にそういうものなんじゃないんですかねぇ。在宅の仕事と一口に言っても、パソコンや携帯電話の普及により、今は多種多様のお仕事があります。
それに、在宅の仕事の中には、それなりのスキルや経験があって初めて稼げる事も少なくありません。

在宅の仕事というと、チョイと前までは、女性向けの出会い系サイトのテレホンレディーやメールレディーの募集というのがよくありました。
在宅の仕事に限らず、最初から稼げる仕事なんてそうはない訳で、ましてや時間が自由になるとか、体が楽だという事になると、尚更の事そうではないかと私は思いますね。
ただ、少しずつお小遣い稼ぎをしながら、自分の能力を試したり、自分のスキルを磨いたりする事なら十分出来ると思うんです。
多分、そこそこ稼げる在宅の仕事というのも少なくはないと思うんですよね。
となると、それはもうすでに在宅の仕事にはならないんじゃないかと私は思いますね。
でも、必ずしも美味しい話には裏があるという訳ではありませんが、素人はやはり気を付けた方がいいのは確かでしょう。




posted by キャット7号 at 23:20 | Comment(0) | ビジネス・アルバイト・転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。